職場のニオイに関する意識調査2017③(25~49歳の働く男女対象) 

2017年06月07日
マンダムは、汗やニオイが気になるクールビズシーズンに、ビジネスシーンにおけるニオイ(体臭)に対する意識と、その対策方法などについて調査を実施しました。

【調査結果ダイジェスト】

①9割以上が「他人のニオイ(体臭)は指摘しにくい」。理由の1位は「相手が傷つきそうだから」70.3%。

②職場で周囲のニオイ(体臭)が気になった時の対策法は、
 1位「息を止める」 2位「マスクを着用する」 3位「その場を離れる」。

③自身のニオイ(体臭)対策について、男性は38.1%、女性は54.7%が実践。具体的な対策は男女ともに
 1位「毎日お風呂に入る」 2位「衣服・下着は毎日替える」 3位「ボディシートを使用する」。

【調査結果】

①9割以上が「他人のニオイ(体臭)は指摘しにくい」。理由の1位は「相手が傷つきそうだから」70.3%。

“他人のニオイ(体臭)”については、男女ともに9割以上が指摘しにくいとの回答で、特に女性は7割以上が「すごくそう思う」と答えており、男性よりも2割高くなっています。一般に女性のほうがニオイを気にする傾向があることがわかっていますが、気になる度合いが高いからこそ、よりセンシティブな問題であると捉えているのかもしれません。
また、指摘しにくい理由の1位は「相手が傷つきそうだから」となっており、指摘することは相手を傷つけかねないとの配慮が見られます。

②職場で周囲のニオイ(体臭)が気になった時の対策法は、
1位「息を止める」 2位「マスクを着用する」 3位「その場を離れる」。

周囲のニオイ(体臭)が気になったときは、4人に1人以上が「息を止める」、「マスクを着用する」、「その場を離れる」などの対策をしていることがわかりました。ひそかに行う対策が上位を占めており、これも、相手に対する配慮からか、相手に気づかれないようこっそり対策していることがうかがえます。

③自身のニオイ(体臭)対策について、男性は38.1%、女性は54.7%が実践。具体的な対策は男女ともに
1位「毎日お風呂に入る」 2位「衣服・下着は毎日替える」 3位「ボディシートを使用する」。

一方、自分自身のニオイ(体臭)対策は行っているか、との問いには男性が4割程度、女性は半数以上が「している」と回答。女性のほうがニオイを気にし、センシティブに捉えている分、自身のニオイにも配慮していると思われます。
具体的な対策としては男女ともに「お風呂」「着替え」といった生活習慣が1位と2位を占めました。3位は「ボディシート」となっており、デオドラント剤の中でも手軽に使えるものが上位になりました。

今回の調査から、ニオイ(体臭)はセンシティブな問題であり、他人のニオイ(体臭)が気になったとしても、指摘やあからさまな対策はためらわれる様子が浮き彫りとなりました。


【調査概要】
時期:2017年5月
エリア:東京、大阪
対象:25~49歳の働く男女 1,028名(男性525名、女性503名)
方法:インターネット調査

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
リンク先リサーチPDF
 マイページ TOP