国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション(UC&C)市場予測 

2017年05月29日
IT専門調査会社 IDC Japanは、国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション(UC&C)市場を調査し、2016年の同市場の分析と2017年~2021年の市場予測を発表しました。

IDCではユニファイドコミュニケーション/コラボレーション(UC&C)市場を、「IPテレフォニー市場」「コラボレーティブアプリケーション市場」「IPコンファレンスシステム市場」「IPコンタクトセンター市場」の4つのソリューション市場に分類して、それぞれの市場について市場分析と市場予測を行いました。

・2016年 国内UC&C市場規模は、前年比成長率2.9%増、2,502億円9,400万円。企業音声インフラのリプレイス需要は一巡、コラボレーションのクラウド移行が活発
・2017年以降はクラウド型コラボレーション/Web会議サービスなどの成長により、2016年~2021年の年間平均成長率は2.4%、2021年市場規模は 2,818億1,500万円と予測
・ITサプライヤーは、UC&C機能のクラウド提供を一層推進し、2019年~2020年の国内イベントに備えたUC&C+コグニティブ/AIシステム連携ソリューションを開拓するべき

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP