国内法人ネットワークサービス利用動向調査 

2017年05月25日
IT専門調査会社 IDC Japanは、2017年3月に実施した国内法人のネットワークサービス利用動向に関するアンケート調査結果を発表しました。これによると過半数の企業で、クラウドやモバイルなどの新技術の導入によって、WAN(Wide Area Network)構築や運用管理の負担が増加していることが分かりました。

今回の調査では、クラウドやモバイルといった新技術の影響による、WAN構築や運用管理の負担感の変化について、スキル面と工数面に分けて尋ねました。「負担感が増加した」と回答した企業は、スキル面で74.9%、工数面で61.4%といずれも過半数にのぼりました。また、スキル面で負担が増加したとする企業の比率が工数面を上回る結果となりました。

・クラウドなどの新技術導入によって、過半数の企業で、WAN構築/運用負担が増加
・負担の増加は、工数面よりスキル面で大きい
・負担増加の対策として、約2割の企業がアウトソーシングを拡大したいと回答。アウトソーシングが徐々に増加する可能性が高まる

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP