キャリタス就活2018 学生モニター調査結果(2016年6月調査) 

2017年06月06日
ディスコは、2018年3月卒業予定の全国の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生含む)を対象に、就職活動に関する調査を行いました。(調査時期:2017年6月1日~5日、回答数:1,259人)

【調査結果サマリー】

6月1日現在の内定状況

○内定率は63.4%。5月(37.5%)より25.9ポイント上昇
○前年同期実績(54.9%)を8.5ポイント上回る
○内定取得者のうち、就職先を決定し活動を終了したのは40.2%
○未内定者を含め全体を分母にとると、就職活動を終了したのは全体の28.8%

 就職活動スタートから3カ月。6月1日現在の学生モニターの内定率は63.4%。先月調査(5月1日現在)の37.5%から1カ月で25.9ポイント増と、大きく上昇した。これは前年同時期(54.9%)を8.5ポイント上回る数字であり、前年よりも企業の内定出しが早まった様子が表れている。
 63.4%というのは、5年前の2013年卒者の6月の内定率(62.3%)と同水準であるが(グラフは次ページ)、当時の選考解禁は今より2カ月早い4月1日であったことを考えると、いかに今年の内定出しが早いのかがわかる。深刻な人手不足を背景に、優秀な人材の確保に危機感を募らせる企業の姿が透けて見える。
内定取得学生のうち就職先を決めて就職活動を終了したのは40.2%。前年同期(30.7%)を10ポイント近く上回り、就職先決定のタイミングも早まっている。ただし、内定者のうち過半数(54.6%)は就職活動を継続していると回答した。

モニター学生全体を分母にとると、調査時点で就職先を決定して就職活動を終了した者の割合は
25.5%。複数内定を保留しているなど未決定である者(3.3%)を合わせると28.8%となる。4人に1人に上り、前年同期(19.8%)より9.0ポイント多い。一方で、活動継続者は「内定あり」(34.6%)「内定なし」(36.6%)を合わせて71.2%。内定の有無に関わらず、多くの学生にとって6月が大きな山場であることは間違いなく、この1カ月の動きに注目したい。


【調査概要】
調査対象:2018 年 3 月に卒業予定の大学 4 年生(理系は大学院修士課程 2 年生含む)
回答者数:1,259 人(文系男子 421 人、文系女子 350 人、理系男子 325 人、理系女子 163 人)
調査方法:インターネット調査法
調査期間:2017 年 6 月 1 日~5 日
サンプリング:キャリタス就活 2018 学生モニター(2016 年卒以前は「日経就職ナビ・就職活動モニター」)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP