DODA転職人気企業ランキング2017【女性ランキング】 

2017年06月05日
インテリジェンスが運営する転職サービス「DODA(デューダ)」は、22~59歳のビジネスパーソン5,031人を対象に「転職したい会社」を調査し、「DODA転職人気企業ランキング 2017」としてまとめました。

■【男女別】 ~「女性が活躍できる環境」が上位企業の共通点。「働き方」への期待が目立つ

 2017年のランキングを男女別にみると、男性は1位トヨタ自動車、2位グーグル、3位ソニー、女性は1位グーグル、2位トヨタ自動車、3位全日本空輸(ANA)となりました。1位のグーグルの投票理由を見ると、「最新の技術開発に携わりたい」「優秀な人が多くて刺激を受けそう」といったキャリアアップに関する理由に加え、「自由な働き方ができそう」「食堂など先進的な環境が充実していそう」といった働く環境についてのコメントも目立ちました。2位のトヨタ自動車も、「女性が活躍できる環境が整っていそう」「ダイバーシティへの取り組みが進んでいるから」といった充実した制度が人気を集めた要因となっているようです。
 50位以内の企業を見ると、全体的に「女性が活躍できそうな環境」といった理由が含まれており、多くの女性が「働き方」「働く環境」に期待を示す傾向があることがうかがえます。

転職サービス「DODA」女性が選ぶ転職したい会社
1位 グーグル
2位 トヨタ自動車
3位 全日本空輸(ANA)
4位 日本航空(JAL)
5位 サントリーホールディングス
6位 楽天
7位 資生堂
8位 オリエンタルランド
9位 ヤフー
10位 ソニー

■【特徴①】 ~「憧れの業界・商品・サービス」といった“夢”や“好き”を理由にする傾向も
 3位の全日本空輸(ANA)と4位の日本航空(JAL)の投票理由を見てみると、両社とも「子どものころからの憧れ」といった声が圧倒的に多く、航空業界は女性からの人気が高いことが分かります。11位のジェイティービー(JTB)も「旅行が好きだから」「憧れの業界」という理由が目立ちました。14位のタニタ(総合40位)、15位のカルビー(総合34位)、18位の明治(総合35位)などは、商品に魅力を感じているところが共通点。例えばタニタは「人々の健康に携わる商品が魅力的」、カルビーや明治は「好きなお菓子がたくさんあるから」「お菓子の発想力が豊か」といった商品への愛着を示すコメントが目立ちました。
 20位以下の企業でも、商品が“好き”という理由で選んでいる傾向は続き、好感を持っている商品に「仕事として関わってみたい」という意識になりやすいのが女性の特徴と言えそうです。

■【特徴②】 ~女性活躍推進が影響?「挑戦」「やりがい」を求める声も
 「働き方」や「憧れ」といった理由が目立つ一方で、「挑戦」や「やりがい」を求める声も挙がっています。5位のサントリーホールディングスは「“やってみなはれ”の社風でいろいろなことにチャレンジさせてくれそうだから」といった、企業理念に共感を示す声が多くありました。また、16位の三井物産、17位の三菱商事は、「グローバルに事業を展開していて楽しそう」といった仕事へのやりがいを理由に挙げています。
 2016年4月に女性活躍推進法が施行されて1年。メディアで「女性活躍」を目にする機会も増えており、女性自身も「もっと活躍できる場を」と考えて転職する企業を選択する傾向が出ているのかもしれません。


【調査概要】
・対象者:22歳~59歳のホワイトカラー系職種の男女
 ※上記から女性の回答をピックアップしてランキングを選定
・雇用形態:正社員
・調査手法:ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
・調査期間:2017年3月25日~2017年3月29日
・調査方法:投票者が転職を希望する企業を自由形式で1位から3位まで記入し、持ち点10ポイントの中から、それぞれの企業への志望度合に応じて自由にポイントを振り分けた(ランキングは、振り分けられたポイントの合算値が多い順に作成)
・回答数:5,031件
・総得票数:9,888件
※今回の「転職人気企業ランキング2017」から、調査概要の一部(対象者の年齢、ウェイトバック値、調査方法)を変更しています。そのため、2016年以前のランキングとの比較は行っていません。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP