お父さんと娘のコミュニケーションに関する調査(女子中高生(娘)とそのお父さん世代対象) 

2017年05月30日
GMOメディアが運営する、10代の女の子に関する研究機関「プリキャンティーンズラボ」と、インターネットリサーチ事業を展開するGMOリサーチは、女子中高生(娘)とそのお父さん世代を対象に「お父さんと娘のコミュニケーションに関する調査」を実施いたしました。
 
【本調査の背景】 

 子どもから大人へと移り変わる年ごろの女子中高生は、父親とのコミュニケーションの取り方に変化が現れることが多い時期でもあります。父親にとっても、多感な時期を迎えた娘との距離感の取り方に頭を悩ませることも少なくないのではないでしょうか。 
 一方で、スマートフォンの普及に伴って、父娘のコミュニケーションの取り方が多様化してきているとも言われています。そこで「プリキャンティーンズラボ」とGMOリサーチは、6月18日(日)の「父の日」にちなみ、父娘のコミュニケーション頻度や手段、そして互いに対する潜在意識を探るべく、女子中高生とそのお父さん世代を対象に「お父さんと娘のコミュニケーションに関する調査」を実施いたしました。 

【調査結果】 

■回答者の属性(図1〜図2) 
〜娘は13〜16歳、お父さんは40、50代がメイン〜 
 回答者の属性については、娘は13歳〜16歳がボリュームゾーンとなり、お父さんは「40代(53.8%)」、「50代(40.3%)」が9割超を占めています。 

■お父さんの好きなところは?(図3〜図4) 
 娘に、「お父さんをどう思うか」と尋ねたところ、「嫌い(8.5%)」と答える子はごく少数にとどまり、「好きでも嫌いでもない(46.3%)」と「好き(45.2%)」がほぼ同率となりました。約半数が「好きでも嫌いでもない」と回答しているところに、お父さんに対する女子中高生ならではの微妙な感情が垣間見えます。 
 また、「お父さんの好きなところ」については、「仕事を頑張っている(47.7%)」という回答が最多となり、“働くお父さんの姿”に好感を抱いている子が多いことがわかりました。続いて「優しい(38.8%)」、「(遊びに)行きたいところに連れていってくれる(33.0%)」という回答も上位に挙がっています。 

■父娘のコミュニケーション頻度・内容(図5〜図9) 
〜会話はほぼ毎日、でも電話・LINEはあまりしない〜 
 お父さんに、娘と連絡を取る頻度を手段別で尋ねたところ、「直接会話する」については、「ほぼ毎日(75.3%)」が7割を超え、日常的に父娘で会話をしている人が多いことがわかりました。 
 一方、「音声通話」は「ほとんど取らない(45.3%)」が約半数にのぼり、「テキストコミュニケーション」についても「ほとんど取らない(42.0%)」が約4割と、非対面のコミュニケーションはあまり取っていないことがわかりました。 

〜お父さんは娘ともっとコミュニケーションを取りたい!〜 
 このコミュニケーション頻度に対して、お父さんに「もっと娘とコミュニケーションを取りたいと思うか」を尋ねたところ、「とてもそう思う(33.5%)」、「ややそう思う(40.8%)」という回答が合計7割超(74.3%)にのぼり、女子中高生のお父さんは今より娘とコミュニケーションを増やしたいと考えていることがわかりました。 
 続いて、娘とコミュニケーションを取りたいと回答したお父さんに、「話したい話題」について尋ねたところ、「学校生活について(57.4%)」、「将来について(51.6%)」という項目が上位に挙がりました。 

〜娘はお父さんに相談したいこと、特になし!? 進路や学校生活について相談したい子も〜 
 娘に、「お父さんに相談したいこと」を尋ねたところ、「特にない(59.4%)」が約6割と突出する結果となりました。その他では、「学校生活について(22.4%)」や「自分の進路や将来について(21.3%)」を挙げる子が約2割にのぼりました。また、お父さんが娘と話したい話題の上位にも同じく「学校生活について」「将来について」が挙がっていたことから、父娘のコミュニケーションのきっかけには、進路や学校生活に関する話題が適していると言えそうです。 
 一方で、娘に「お父さんに言われて傷ついたこと」を聞いたところ、「特にない・覚えていない(52.1%)」が過半数にのぼったものの、「勉強・成績について(32.0%)」、「容姿・体型について(18.6%)」で傷ついた経験がある子がいることがわかりました。多感な女子中高生だからこそ、話題と言葉選びには一定の配慮が必要かもしれません。 

■7割超が「父娘二人だけで出かける」(図10〜図12) 
〜月1回以上出かける父娘は約4割!お出かけは買い物が中心〜 
 お父さんに「父娘二人で出かける頻度」について尋ねたところ、7割超(76.0%)が直近1年に父娘二人で出かけていることがわかりました。また、「月に1回以上」出かける父娘も4割超(40.2%)いるようです。 
 「父娘二人で出かける場所」については、「食材や家具などの買い物(62.3%)」、「衣服などの買い物(44.0%)」、「カフェ・飲食店(32.9%)」が上位に挙がり、父娘の外出は「買い物」が中心となっていることがわかりました。 
 また、「もっと娘と出かけたいと思うか」を尋ねたところ、「とてもそう思う(25.4%)」、「ややそう思う(34.0%)」という回答を合わせて約6割(59.4%)のお父さんが、娘と出かける機会を増やしたいと考えていることがわかりました。 

■お父さんは娘のSNSに関心なし!(図13〜図14) 
 続いて、娘に「お父さんにSNSアカウントを伝えているか」を尋ねたところ、女子中高生の2割超に「父親に内緒でやっているSNSがある(22.9%)」ことがわかりました。 
 一方、お父さんに「娘のSNSをフォローしているか」と聞いたところ、「フォローしていないし、する気もない(72.1%)」が突出する結果となりました。「本当はフォローしたい(9.0%)」、「こっそりフォローしている(1.6%)」もごく少数にとどまっており、お父さんの多くは娘のSNSにさほど関心を持っていないことがうかがえます。 

■父の日は何かプレゼントする?(図15〜図19) 
〜プレゼントをあげる予定の子は約3割、未定が4割超に〜 
 今年は6月18日(日)が父の日であることを受けて、「父の日にプレゼントをあげる予定があるか」を娘に尋ねたところ、「まだ決めていない(40.3%)」が最も多く、「予定がある(26.8%)」は約3割となりました。また、何をプレゼントする予定かについては、「ファッショングッズ(32.8%)」、「手紙(32.3%)」、「手料理・手作りお菓子(25.7%)」が上位に挙がりました。 
一方、お父さんに「昨年の父の日にプレゼントをもらったか」を尋ねたところ、半数のお父さんが「もらってない(50.0%)」ことがわかりました。 

〜お父さんがもらってうれしいプレゼントは、手紙!〜 
 続いて、娘に父の日を問わず「今までお父さんにプレゼントしたもの」を尋ねたところ、「手紙(56.2%)」、「手料理・手作りお菓子(47.7%)」、「その他手作りしたもの(35.9%)」が上位に挙がりました。一方、お父さんが「今までもらったプレゼントで1番うれしかったもの」は「手紙(30.9%)」が1位となりました。しかし、お父さんの4人に1人が「プレゼントをもらったことがない(26.6%)」と認識していることがわかりました。 

<娘> 今までプレゼントしたもの
1 手紙(56.2%)
2 手料理・手作りお菓子(47.7%)
3 (料理以外の)手作りしたもの(35.9%)

<父> 今までもらったプレゼントで1番うれしかったもの
1 手紙(30.9%)
2 (料理以外の)手作りしたもの(11.7%)
3 手料理・手作りお菓子(10.0%)


【調査概要】

調査地域:日本
調査対象:
 女子中学生713名
 女子高校生811名 計1,524名
調査期間:2017年5月11日〜15日
調査方法:インターネット調査(クローズド調査)
調査主体:プリキャンティーンズラボ

お父さん
調査地域:日本
調査対象:
 中学生の娘がいる30歳以上の男性 500名
 高校生の娘がいる30歳以上の男性 500名 計1,000名
調査期間:2017年5月11日〜15日
調査方法:インターネット調査(クローズド調査)
調査主体:GMOリサーチ

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP