住宅リフォーム市場に関する調査~2017年第1四半期~ 

2017年05月30日
矢野経済研究所は、国内の住宅リフォーム市場の短期的な市場トレンド調査を実施した。

<住宅リフォーム市場とは>
本調査における住宅リフォーム市場とは、「10 m2超の増改築工事」・「10 m2以下の増改築工事」・「設備修繕・維持関連」・「家具・インテリア等」の4分野をさす。

【調査結果サマリー】

◆ 2017年第1四半期の住宅リフォーム市場規模は前年同期比2.5%増
2017年第1四半期(1~3月)の住宅リフォーム市場規模は1兆2,838億円(速報値)、前年同期比で2.5%増と推計する(図1参照)。消費税増税前の2014年第1四半期以降は、例年どおりの市場規模であり、1.2兆円台での推移である。

◆ 2016年度の住宅リフォーム市場規模は6.2兆円 前年度比3.4%減
住宅リフォーム市場規模を年度ベースで算出すると、2016年度(2016年4月~2017年3月)は、6兆2,311億円(速報値)、前年度比(2015年度比)で3.4%減と推計する。
消費税増税の反動による駆け込み需要の影響が依然として残っていること、また消費税再増税の先送りによりリフォーム需要も先送りとなったことなどが要因となり、全般的に消費者のリフォーム需要が低迷したことが要因と考えられる。

◆ 2017年はやや盛り上がりに欠け、前年並みの見込み
2017年の市場トレンドとしては需要の一巡感もあり、前年並みの需要で推移するものと考える。
消費税増税の延期で、特に大型リフォームの動きが鈍化傾向にあるが、最近の景気・株価などの状況を考慮すると、リフォーム需要に好影響を与えるといった気配もあるものの、年間を通してみるとやや盛り上がりに欠ける可能性が高いとみる。
一方、中古住宅の購入に関連するリフォーム(再販物件を含む)需要については、堅調に推移していることもあり、住宅ストックの活用という市場トレンドは継続している。様々なアプローチによるリフォーム需要の掘り起こしが市場活性化につながると考える。


【調査概要】
調査期間:2017年1月~3月(2017年 第1四半期)
調査方法:当社専門研究員による市場規模算出、及び文献調査

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP