日用品の香りに関するアンケート調査(20歳~69歳男女対象) 

2017年05月01日
マーシュは、全国の20歳~69歳男女を対象に、日用品の香りに関するアンケート調査を実施。

【調査トピックス】

■「ヘアケア製品」「ボディソープ・石けん」の使用率は9割、「ハンドクリーム」「リップクリーム」も男女含めて5割超え
■ リップクリーム、ハンドクリーム、シェービング剤を除き、『香りつき』を好む人が過半数
■ 好きな香りは、女性は「フローラル系」、男性は「せっけん」がトップ
■ 香りで感じられる効果と一番欲しい効果、「リラックス・くつろぎ」がトップ
■ 生活の中で香りをつけたい(つけられたらいいのに)と思うものがある…29.6%
  具体的には「ハンカチ」「スマートフォン」「寝具」「アクセサリー」など

【調査結果】

Q1.次に挙げる日用品の中で、あなたが使用しているものをすべてお選びください。(複数選択可)
※冬だけ・夏だけなど、季節によって使用している製品も含みます。

■「ヘアケア製品」「ボディソープ・石けん」の使用率は9割、「ハンドクリーム」「リップクリーム」も5割超え n=1,000
まず始めに、それぞれの使用状況を伺った。「ヘアケア製品(シャンプー、リンス、コンディショナーなど)」が最も多い93.5%で、次いで「ボディソープ・石けん」が91.5%。「ハンドクリーム」と「リップクリーム」も5割を上回った。ほかに「ヘアスタイリング剤」は42.4%、「制汗剤」は40.1%、「ボディケア製品」は32.4%、「シェービング剤」は20.6%となった。また、「上記のいずれも使用していない」は1.3%となっている。
男女別で見ると「ボディケア製品」、「ハンドクリーム」、「リップクリーム」、「シェービング剤」で特に男女差が大きいが、「ハンドクリーム」と「リップクリーム」は男性も3割が使用している。
また年代別では、「ハンドクリーム」の使用率が60代が66.5%で最も高いのに対し、「リップクリーム」は30代の63.0%が最も高く、60代は40.5%であった。「制汗剤」は20代~30代での使用率が高く、60代では23.0%にとどまる。

Q2.使用している日用品の「香り」に対するあなたの意識として、最も近いものをお選びください。(それぞれ1つずつ選択)

■リップクリーム、ハンドクリーム、シェービング剤を除き、『香りつき』を好む人が過半数
使用していると答えたものについて、香りがあるものとないものではどちらを使いたいか、香りに対する意識を聞いたところ、「ハンドクリーム」、「リップクリーム」、「シェービング剤」の3つを除くすべてにおいて、『香りつき』を好む人が過半数を占める結果となった。
全体的に「香りの種類にはこだわらないが、香りがあるものを使いたい」よりも、「好きな香りのものを使いたい」と答える人の方が多く、「ヘアケア製品」、「ヘアスタイリング剤」、「ボディソープ・石けん」、「ボディケア製品」、「制汗剤」ではそれぞれ4割台となっている。
反対に、「香りがないもの(無香料)を使いたい」と答えた人の割合は、商品によってバラつきがあり、最も高いものは「リップクリーム」の42.6%、低いものは「ボディソープ・石けん」の12.3%となっている。


【調査概要】
調査名:日用品の香りに関するアンケート調査
対象者:全国の20歳~69歳男女
サンプル数:1,000s
割付:性年代均等
実査期間:2017年3月8日(水)~2017年3月10日(金)
調査方法:インターネット調査(マーシュの自社モニター )
調査機関:株式会社マーシュ

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP