「仕事の悩み」に関する調査(女性対象) 

2017年05月29日
エン・ジャパンが運営する、正社員勤務を希望する女性向け求人情報サイト『エンウィメンズワーク』上で、「仕事の悩み」をテーマにアンケートを行ない、女性399名から回答を得ました。

【調査結果概要】

★ 女性が選ぶ「仕事の悩みを相談したい芸能人」、男性第1位はマツコ・デラックス、女性第1位は天海祐希。
★ 94%の女性が「仕事の悩みを抱えている」と回答。「給料の低さ」「上司や同僚との人間関係」が悩みの原因に。
★ 仕事の悩みを相談する相手トップ3は「友人」「家族」「同僚」。

【調査結果詳細】

1:女性が選ぶ「仕事の悩みを相談したい芸能人」、男性第1位はマツコ・デラックス、女性第1位は天海祐希。(図1、図2)

「芸能人や有名人に仕事の悩みを相談できるとしたら、誰にしたいですか?」と尋ねたところ、男性部門の第1位はマツコ・デラックス。「毒舌だけど愛がありそう」「時には厳しくも親身になって寄り添ってくれそう」など圧倒的な支持を集めました。第2位のタモリは「気分のムラがなく、相談しやすいムードを感じる」、第3位の中居正広は「あらゆる人の立場になって物事を考えてくれそう」という理由からランクインしました。

女性部門の第1位は天海祐希。「分かりやすくて的確なアドバイスを貰えそう」「姉御肌でサバサバしているイメージが頼もしい」という声が目立ちました。第2位の小池百合子は「働く女性の代表的な意見が聞けそう」、第3位の渡辺直美は「悩みを笑って吹っ飛ばしてくれそう」、同率の黒柳徹子は「経験が豊富だから」などが人気の理由でした。

年代別に見ると、20代には明石家さんまやローラ、30代には松岡修造、40代には北野武や阿川佐和子がランクインしました。

2:94%の女性が「仕事の悩みを抱えている」と回答。「給料の低さ」「上司や同僚との人間関係」が悩みの原因に。(図3、図4)

「現職(もしくは前職)で仕事をしている中で悩みはありますか?」と伺ったところ、94%の方が「ある」と回答。具体的に悩みの理由を尋ねると、第1位は「給料が低い」(52%)。「仕事の多さと給料が見合っていない」 「昇給がほとんどなく、10年間給料があまり上がっていない」などの声が寄せられました。

第2位は「上司との人間関係」(38%)、第3位は「同僚との人間関係」(36%)。「上司や同僚に女性が多く、同性には厳しく陰湿な職場だった」「機嫌次第で八つ当たりをされたりと、職場がピリピリした雰囲気」といった理由が多く見受けられました。

3:仕事の悩みを相談する相手トップ3は「友人」「家族」「同僚」。(図5)

「もし仕事のことで悩んだら、誰に相談しますか?」と尋ねたところ、「友人」(59%)、「家族」(55%)が圧倒的に多い結果となりました。仕事の悩みだけに「同僚」(27%)や「上司」(12%)など、同じ職場の相手には相談しにくいことがうかがえます。そのほか、悩んだ時の自分なりの解決策も伺いましたのでご紹介します。

仕事で悩んだ時の自分なりの解決方法
○プライベートを充実させる。職場を離れたら仕事のことを考えないようにする。(25歳女性)
○今の仕事で身に付けられること、やりがいや働く目的を思い出すようにする。(28歳女性)
○不満ばかり口にせず、上司に改善案を出すなど変化を起こせるよう行動する。(32歳女性)
○自分で改善できることを探す。自分のスキルが足りなくて仕事がうまくいかないと感じたら、
 セミナーや勉強会へ参加し、スキルアップできるように努力する。(39歳女性)
◯自分の業務フローを棚卸しして、上司や先輩に改善点をアドバイスいただく。(41歳女性)


【調査概要】
調査方法:インターネットによるアンケート
調査対象:『エンウィメンズワーク』利用者
有効回答数:女性399名
調査期間:2017年2月23日~3月22日

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP