コミュニケーションツールの利用状況などに関するアンケート調査(東京工科大学2017年度の新入生対象) 

2017年05月17日
東京工科大学は、2017年度の新入生1,730名を対象に、コミュニケーションツールの利用状況などに関するアンケート調査を実施いたしました(調査日:2017年4月5日、男女比:65%・35%)。この調査は、2014年から実施しており、今回で4回目となります。

【調査結果サマリー】

1)SNSは「LINE」「Twitter」が主流。「SNOW」は女子の56%が利用
ソーシャル・ネットワークキング・サービス(SNS)は、「LINE」(98.2%)と「Twitter」(81.5%)が前回に続き高い利用率を維持しており、主流として定着しつつあります。また、「Instagram」(5ポイント増、33.2%)は拡大傾向が続いているほか、手軽に画像の加工などができる「SNOW(スノー)」(28.2%)は、新しいサービスながら「Facebook」(16.2%)を上回り、女子の利用率は「Instagram」(56%)に並びました。

2)連絡手段はほぼ全員が「LINE」。メール利用は4人に1人
友人との連絡手段は前回に続きほぼ全員が「LINE」(97.7%)。次いで「Twitterのダイレクトメッセージ」(1ポイント増、41.1%)。一方「携帯・スマホのキャリアメール」(9ポイント減、26.8%)は引き続き減少傾向で、男子は4人に1人以下(23.9%)。最も利用する連絡手段としても「LINE」(93.9%)に対し、同メール(1.4%)となりました。

3)最も信頼できるメディアは「テレビ」「新聞」が上位に
最も情報を信頼できるメディアは、情報源としての接触率が高い「テレビ」(53.8%)が最多で、女子では65%にのぼっています。次いで「新聞」(15.3%)。「インターネットニュース」(14.5%)や「Twitter」(7.7%)などのSNSは、接触率に比べやや低い結果となりました。

4)ニュースの情報源は「テレビ」「Twitter」に次いで「LINE」が急増
世の中の動きについて情報を得ているメディアは、上位の「テレビ」(84.7%)、「Twitter」(58.2%)が前回から同水準を維持。一方、ほぼ全員が利用している「LINE」(12ポイント増、54.6%)が急増し、女子の7割近く(22ポイント増、67.3%)がニュースメディアとして活用しています。

5)女子の8割近くが「iPhone」ユーザー
スマートフォンはほぼ全員(97.4%)が所有しており、このうち7割が「iPhone」を使用しています。また、女子は男子よりも約1割多く8割近く(76.6%)となっています。


【調査概要】
調査日:2017年4月5日
調査対象:2017年の東京工科大学新入生(八王子キャンパス、蒲田キャンパス)
サンプル数:1,730名
調査方法:新入生ガイダンスにて調査票を配布・回収 ※入学者全員とは若干異なります

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP