コンビニサービスに関するアンケート調査(第5回) 

2017年05月26日
マイボイスコムは、5回目となる『コンビニサービス』に関するインターネット調査を2017年4月1日~5日に実施し、10,921件の回答を集めました。

【調査結果TOPICS】

■コンビニサービスの直近1年間の利用経験の上位は「公共料金・国民年金や税金・その他支払い」「ATM」「切手・はがき・印紙」がコンビニ利用者の3~4割。利用頻度が高い層では「ATM」が1位
■コンビニエンスストアにないと困るサービスは、「ATM」「公共料金・国民年金や税金・その他支払い」が各3割強、「コピー・ファックスサービス」「切手・はがき・印紙」「ゆうパック・宅配便」が各2割

【調査結果】

◆コンビニエンスストアの店頭サービスの認知
コンビニエンスストア利用者が店頭で利用できることを知っていたサービスは、「公共料金・国民年金や税金・その他支払い」「ATM」が各8割、「ゆうパック・宅配便」「コピー・ファックスサービス」「切手・はがき・印紙」が各7割で上位となっています。過去調査と比べて、「行政関連サービス」は増加傾向です。「映画・コンサート、スポーツなどのチケット購入・発券」「遊園地、テーマパークなどのチケット購入・発券」「予約商品・ギフト」は女性で比率が高く、男性を約13~14ポイント上回ります。「プリペイド式電子マネー」「写真プリント」「文書のプリント」は、若年層で比率が高い傾向です。

◆コンビニエンスストアの店頭サービスの利用経験
コンビニエンスストア利用者が、直近1年間に店頭で利用したサービスは、「公共料金・国民年金や税金・その他支払い」「ATM」「切手・はがき・印紙」が3~4割、「コピー・ファックスサービス」「ゆうパック・宅配便」「郵便ポスト」が各20%台で上位となっています。「無料Wi‐Fi接続サービス」は、利用率が認知率より上位に位置しています。コンビニエンスストアの利用頻度が『週2~3回以上』の層では、「ATM」が各5割で最も多くなっています。

◆店頭サービスを利用したコンビニエンスストア、店頭サービスが最も充実しているコンビニエンスストア
直近1年間に店頭サービスを利用したコンビニエンスストアは、「セブンイレブン」がサービス利用者の76.9%、「ローソン」「ファミリーマート」が各6割です。
コンビニエンスストア利用者が、店頭サービスが最も充実していると思うコンビニエンスストアは、「セブンイレブン」が43.1%で、四国以外の地域で1位です。次いで「ローソン」「ファミリーマート」が各1割強となっています。

◆コンビニエンスストアの店頭サービスにないと困るもの
コンビニエンスストア利用者に、店頭サービスにないと困るものを聞いたところ、「ATM」「公共料金・国民年金や税金・その他支払い」が各3割強で上位2位、「コピー・ファックスサービス」「切手・はがき・印紙」「ゆうパック・宅配便」が各2割で続きます。比率が低いものは、「自賠責保険の加入」「電気自動車充電スタンド」「個人向けローン・キャッシングサービス」「クリーニング取り次ぎ」です。「公共料金・国民年金や税金・その他支払い」「ゆうパック・宅配便」は、女性高年代層で比率がやや高くなっています。


【調査概要】
調査対象:「MyVoice」のアンケートモニター
調査方法:インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期:2017年04月01日~04月05日
回答者数:10,921名
調査機関:マイボイスコム株式会社

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP