2016年にトリップアドバイザーの日本の観光地に寄せられた口コミ分析 

2017年05月12日
旅行サイト「TripAdvisor®」の日本法人であるトリップアドバイザーは、2016年にトリップアドバイザーの日本の観光地に寄せられた口コミのトレンドを発表しました。

2016年1月から12月にかけてトリップアドバイザー上の日本の観光地に投稿された口コミは、日本語・外国語とも前年に引き続き増加しており、特に外国語については前年に比べて約1.5倍の伸びをみせ、インバウンドの旅行者が好調だった様子が伺えました。また口コミ数の増加でみると、日本語の口コミでは埼玉県が、また外国語の口コミでは沖縄県が対前年比でみて投稿数の割合が他県よりも増えており、訪れた旅行者が思わず口コミを書きたくなるような観光地が増えたことが予想されます。

■ 2016年に各都道府県の観光地に対して、日本人旅行者から投稿された口コミの割合

日本人旅行者
東京都 19.6%
北海道 7.1%
神奈川県 6.4%
大阪府 6.0%
沖縄県 5.8%
京都府 4.1%
愛知県 3.5%
兵庫県 3.4%
福岡県 3.3%
千葉県 3.2%
静岡県 2.8%
長野県 2.3%
広島県 1.8%
埼玉県 1.8%
宮城県 1.5%
石川県 1.5%
鹿児島県 1.4%
栃木県 1.4%
三重県 1.3%
長崎県 1.3%
群馬県 1.2%
岐阜県 1.2%
大分県 1.1%
熊本県 1.0%
その他 16.3%

・2016年の1年間に日本の観光地に日本語で投稿された口コミ数をベースに集計
・口コミが多く投稿された県トップ5は、2015年と変わらず東京都、北海道、神奈川県、大阪府、沖縄県

※ 1%未満は「その他」として集計しています。
※ 「富士山」のように、複数の県にまたがっている観光地への口コミは集計の際に除いています。

■ 2016年に各都道府県の観光地に対して、外国人旅行者から投稿された口コミの割合

外国人旅行者
東京都 30.4%
京都府 15.7%
大阪府 9.9%
北海道 6.4%
沖縄県 4.0%
広島県 3.6%
神奈川県 3.4%
長野県 2.5%
福岡県 2.3%
千葉県 2.1%
岐阜県 2.0%
兵庫県 1.9%
石川県 1.6%
愛知県 1.6%
奈良県 1.4%
山梨県 1.2%
その他 10.1%

・2016年に日本の観光地に日本語以外の言語で投稿された口コミ数をベースに集計
・東京都、京都府、大阪府、大阪府、北海道の5県への口コミ数の合計が、全口コミ投稿数の66%を占める

※ 1%未満は「その他」として集計しています。
※ 「富士山」のように、複数の県にまたがっている観光地への口コミは集計の際に除いています。

■ これだけ違う!日本人に人気があったスポット vs. 外国人に人気があったスポット

日本人が高く評価するスポットと外国人が高く評価するスポットに違いについて、2016年にトリップアドバイザーの日本の観光スポットに寄せられた日本語の口コミと、外国語の口コミの評価点や投稿件数をもとに、人気の観光スポットランキングTop10を各県ごとに集計したところ、視点の違いが今年もハッキリとでる結果となりました。

さらに、2015年と比べて人気のスポットの入れ替わりも見られ、京都の伏見稲荷大社などは日本人にも人気の観光地として1位に輝いています。外国人旅行客に人気の出た観光地が、日本人にも影響を与えているようです。

今回発表する人気観光スポットランキングは、全言語の口コミ数が最も多かった上位5県(東京都、北海道、京都府、大阪府、沖縄県)について、それぞれ人気観光スポットTop10を発表しています。


【評価方法】 
当ランキングは、2016年にトリップアドバイザーの日本の観光スポットに投稿された日本語の口コミ、および外国語の口コミを、評価点(5点満点)の平均や投稿数などをもとに独自のアルゴリズムで都道府県別に集計したものです。トリップアドバイザー上で「観光情報」に登録されている旅行者が訪れるスポットを対象とし、教室やガイドツアー、地下鉄のような移動手段等はランキングから除いています。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP