クラウド会計ソフトの利用状況調査(2017年3月末) 

2017年04月13日
MM総研は、個人事業主(1万7,420事業者)を対象にWebアンケート調査を実施し、2017年3月末時点のクラウド会計ソフトの利用状況をまとめた。本調査では、平成28年(2016年)分の確定申告を実施した個人事業主を対象とした。調査結果から、会計ソフトを利用している個人事業主は32.5%で、そのうち、インターネット経由で会計ソフトの機能を利用するクラウド会計ソフト(※1)の利用率は13.2%となった。確定申告の直前にあたる2016年12月調査時点の9.7%から3.5ポイント増加した(図表1・2)。クラウド会計ソフトの事業者別シェアでは、「弥生」が56.8%、次いで「マネーフォワード」が19.9%、「freee」が16.9%となった(図表4)。

■ 会計ソフト利用者の内、クラウド会計ソフトの利用率は13.2%
■ クラウド会計ソフトの認知度は16年12月調査より3.8ポイント増の69.5%
■ クラウド会計ソフトの事業者シェアでは弥生が56.8%、マネーフォワードが19.9%


※1.クラウド会計ソフトとは、インターネット経由で会計ソフトの機能を利用できるソフトのこと。
パソコンに会計ソフトをインストールしたもの、会計データのみをインターネット上に保管するソフトは含まない。

【調査概要】
調査対象:平成28年(2016年)分の確定申告を実施した個人事業主
  ※申告期間:2017年2月16日(木)から3月15日(水)
回答件数:1万7,420事業者
調査方法:Webアンケート
調査期間:2017年3月21日~27日

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP