国内データセンター建設投資予測 

2017年05月09日
IT専門調査会社 IDC Japanは、国内データセンター(DC)事業者のデータセンター投資予測を発表しました。これは、DC建物/電気設備/空調設備などの新設および増設にかかる投資額を調査したものです。それによると、事業者DCの新設および増設投資は2017年に減少した後、2018年には増加に転じる見込みであることがわかりました。

・2017年 国内事業者データセンターの新設/増設投資は799億円、前年比47.3%減の見込み。投資増減サイクルの減少期にあたるため
・2018年は、東京都内や大阪府内を中心に大規模センターが新設されることから増加に転じる。新設/増設投資は1,288億円に
・建設価格は緩やかに低下。データセンター建設投資に追い風となる

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP