梅雨事情に関する調査(20~59歳の男女対象) 

2017年05月16日
マクロミルは、梅雨事情に関する調査を実施。梅雨シーズンですが、生活者の過ごし方や意識、また快適にするための工夫などについて、20~59歳の1,000名を対象に調査しました。

【調査結果】

【1】“梅雨好き”はわずか8%。梅雨の気分は1位「憂鬱」、2位「不愉快」。    

梅雨が好きか否かを尋ねたところ、実に92%が「好きではない」(※)と回答。“梅雨好き”はわずか8%しかいないことがわかりました。
※「あまり好きではない」「全く好きではない」の合計

梅雨時期の気持ちを尋ねると、1位「憂鬱」69%、2位「不愉快」48%、3位「つまらない」38%とネガティブな回答が続きました。
一方、“梅雨時期にこうありたい”と思う気持ちでは、「楽しい」43%、「爽快」36%、の2つに票が集まりました。実際の気持ちとは逆に、梅雨であっても楽しみたい、爽快に過ごしたいと願う人は多い様子がうかがえます。

【2】梅雨の洗濯事情。乾かし方は「部屋干し」が圧倒的、若い年代ほど「乾燥機」利用率高め!

梅雨時期の洗濯について伺いました。日ごろの洗濯物の乾かし方は、1位「外干し」65%、2位「部屋干し」24%の2つが大半ですが、梅雨時期には、1位「部屋干し」61%、2位「外干し」19%に加え、3位「乾燥機」17%と乾燥機の活用比率が高まります。特に、年代が若いほど高く、20代・30代では「外干し」よりも「乾燥機」を使っている人の割合の方が高いことがわかりました。

【3】梅雨のファッション事情。雨さえしのげればいい男性と、ファッションを楽しみたい女性!?女性はビニール傘よりも“ちょっといい傘”。3人に1人は「長靴(レインシューズ)」使用。

梅雨時期の服装・雨具について伺いました。雨具に対する考え方を聞いたところ、男女ともに最多は「雨さえしのげればいいので、価格重視で購入する」で、“価格重視派”が多いようです。男女で考え方の違いが現れたのが、「せっかくならばファッションとして楽しみたいので、デザイン重視で購入する」で、男性がわずか3%だったのに対し、女性は22%と、19ポイント差でした。男性は“雨さえしのげればいい”と考えるタイプが過半数を占める一方、女性は“ファッションを楽しみたい”と考えるタイプが多い傾向にあるといえそうです。

では、使用している雨具にも男女差があるのでしょうか。傘に注目すると、男性は「ビニール傘」が最も多く64%、女性は「ビニール傘・折りたたみ傘以外の傘」が最も多く69%でした。使用している傘の価格にも差があり、男性の平均は2,507円、女性平均は2,995円と女性の方が高価な傘を使っている傾向が見て取れました。また、女性は男性に比べ「長靴・レインシューズ」を使用している割合が高く35%と、3人に1人以上が活用していることがわかりました。


【調査概要】
調査主体:マクロミル
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:全国20~59歳の男女(マクロミルモニタ)
割付方法:平成27年国勢調査による、性別×年代の人口動態割付/合計1,000サンプル
調査期間:2017年5月10日(水)~11日(木)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP