働くアラサー女子の「100円ショップ事情」に関する調査 

2017年05月12日
宝島社が発行する『steady.(ステディ.)』6月号は、働くアラサー女子の「100円ショップ事情」に関する調査を実施しました。

『steady.』は30歳前後の働く女性をターゲットに、通勤服、仕事、恋愛といった働く女子の今知りたい情報を徹底調査し、お悩みを解決するマーケティング雑誌です。中でも“読者1000人大調査”企画が大好評を得ています。

今回の1000人調査によると、 「100円ショップに行く頻度」は、月に1~2回と回答した方が58%で1位、2位は週に1回と回答した方が23%、3位は月に2~3回と回答した方が19%と、100%の方が毎月100円ショップを利用していることが判明。

100円ショップに行く頻度は?
1位 月に1~2回 58%
2位 週に1回 23%
3位 月に2~3回 19%

また、1回に使う金額は平均で730円で、リピート買いしているものは1位「インテリア雑貨」、2位「ネイルグッズ」、3位「整理・収納グッズ」、4位「DIYモノ」、5位「カトラリー」、6位「パーティグッズ」。さらに、情報収集は、「実際に店舗に行く派」と「事前にSNSや口コミをチェックする派」に分かれることもわかりました。

1回に使う金額は?
平均 730円

リピート買いしているものは?
1位「インテリア雑貨」
2位「ネイルグッズ」
3位「整理・収納グッズ」
4位「DIYモノ」
5位「カトラリー」
6位「パーティグッズ」

100円ショップに行く目的は?
1位 日用品を買いに行く
2位 新商品チェック
3位 目的なくふらっと

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP