2017(平成29)年度 新入社員意識調査 

2017年05月09日
三菱UFJリサーチ&コンサルティングは、「2017(平成29)年度 新入社員意識調査アンケート結果」を発表。
当社では、毎年3月下旬~4月上旬に新入社員を対象とするセミナーを開催し、その受講者に対してアンケートを実施している。今年度は、東京、名古屋、大阪にて合計37講座を開催し、1,300名を超える新入社員が受講した。本レポートは、アンケートの集計・分析結果をまとめたものである。

【調査結果の概要】

一定時間は仕事から離れてオフを過ごしたい。「自分ファースト」志向が高まる。
・新入社員は企業に、「給料が増える」ことよりも「残業がない・休日が増える」ことを求めている。さらに、「私生活に干渉されない」ことの重要度は高まっており、就業後や休日などは、仕事から離れた自分の時間を充実させたいと考えているようだ。また、全体の8割を超える人が就職活動の際にブラック企業かどうかを「気にした」、もしくは「少しは気にした」と回答した。
・自分の時間は確保したい新入社員だが、やる気がないわけではない。「目標を与えられ、達成に向けて頑張りたい」という人は8割を超え、できる範囲で努力したいと考えているようだ。

理想の上司は「寛容型」。
・新入社員は「上司・先輩・同僚との人間関係」、「仕事が自分に合っているか、うまくできるか」について大きな不安を抱えている。このため、広い心で受け入れ、自分の成長を温かく見守ってくれる「寛容型」の上司を求めている。親しみやすさと辛抱強さを兼ね備えた「イヌ」は、まさにそうした理想の上司像に合致する存在と言える。

今の日本は「曇り」。10年後についても悲観的な見方が広がる。
・新入社員の多くは日本の現状を「曇り」と考えている一方、「晴」と回答した人の割合は「雨」と回答した人の割合を上回った。しかし、10年後の日本については「雨」と回答した人の方が多く、日本の将来に対しては不安を感じている人が多い。

女性は自身が出世する姿を具体的にイメージしにくい傾向がある。
・新入社員の出世意欲を見ると、「出世したい」という回答は男性で約6割なのに対し、女性では3割に満たない。また、この傾向は学歴とは関係がない。
・将来、結婚や出産を経ても仕事を続けるか、現時点で明確な意思を持つことができない女性が多い。出世意欲の低さとも関係がある可能性がある。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP