国内エンタープライズインフラ市場 ユーザー動向調査 

2017年05月08日
IT専門調査会社 IDC Japanは、国内エンタープライズインフラストラクチャ市場に関するユーザー動向の調査結果を発表しました。

本調査は、デジタルトランスフォーメーション(DX)[※] に取り組むに当たりITバイヤーが抱えている阻害要因について、経営課題の共有およびテクノロジーの活用に関する認識や、DX関連テクノロジーの活用実態、そして既存の基幹業務システムの課題などに関するユーザー調査を通して分析しています。

※デジタルトランスフォーメーション(DX):
企業が第3のプラットフォーム技術を利用して、新しい製品やサービス、新しいビジネスモデル、新しい関係を通じて、価値を創出し、競争上の優位性を確立すること。

・成熟市場である国内においてデジタルトランスフォーメーション(DX)による変革を目指す必要があるとの認識が広まっている
・経営課題の解決手段として、経営層と情報システム部門の間にITのケイパビリティに対する認識ギャップが存在
・延命してきた基幹業務システムを、業務プロセスやビジネスロジックを見直した上で、 ITインフラの更新時、抜本的に見直したいとの意向が強い

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP