国内EAソリューション市場 ユーザーニーズ動向調査 

2017年04月11日
IT専門調査会社 IDC Japanは、「2017年 国内EAソリューション市場 ユーザーニーズ動向調査」を発表しました。

本調査の対象市場はEnterprise Resource Management(ERM)、Supply Chain Management(SCM)、Product Lifecycle Management(PLM)、AnalyticsからなるEA(Enterprise Applications)市場です。国内862社のユーザー企業から2017年度(会計年)の経営課題とITビジネスに関する支出動向、各システムの導入状況と今後の予定、予算動向、さらに3Dプリンターの活用、製造業のデジタルマニュファクチャリングに対する取り組み状況調査を実施しました。

・「企業のグローバル展開」「データの活用」がEAソリューション市場の重要な成長要因
・2017年以降の製品導入ではIaaS/SaaS に加え、システム連携とデータ活用でPaaS需要が上昇
・製造業のデジタル化は、生産情報やルールのデジタル化から、IoTなど多様なIT活用で設計と製造のコラボレーションへと今後数年かけて高度化を図る

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP