2017年3月の日本における「Eコマース」の男女別の利用状況調査 

2017年04月25日
視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタルは、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン モバイル ネットビュー)、および、PC版インターネット視聴率情報Nielsen NetView(ニールセン ネットビュー)のデータをもとに、2017年3月の日本における「Eコマース」の男女別の利用状況を発表しました。

・スマートフォンからの「Eコマース」利用者数は、女性が2,815万人、男性が2,640万人
・「Eコマース」アプリの利用者数は、女性では「楽天市場」、男性では「Amazon」が1位
・TOP3アプリのうち1サービスしか利用しない人は、女性では59%、男性では64%

2017年3月時点で「Eコマース」サービスは、男女ともにスマートフォンからの利用者数、利用回数がPCからの利用を大きく上回っていました。ただし、利用時間では、女性はスマートフォンからの利用時間が長いのに対して、男性ではPCからの利用時間がスマートフォンよりも長くなっていました。

「Eコマース」サービスの利用者数上位3サービスは、男女ともにデバイスに関係なく「楽天市場」、「Amazon」、「Yahoo! ショッピング」となっていました。一方、スマートフォンの中でもアプリだけに注目すると、TOP3のサービスは1位が「Amazon」、2位が「楽天市場」、3位が「メルカリ」となっていました。TOP3のサービスを男女で比較すると、女性では「楽天市場」の利用が最も多く、男性は「Amazon」の利用が最も多くなっていました。また、3位の「メルカリ」は女性の利用者数が多く、男性の利用者数の2倍弱の735万人が利用していました。

次に、「Eコマース」アプリ利用者数TOP3の重複利用状況を見ると、3サービスのうち1つのサービスしか利用していない女性は59%(1,006万人)で、「楽天市場」のみを利用している人が最も多く24%、「Amazon」のみの利用者と「メルカリ」のみの利用者が共に18%となっていました。3サービスのうち1つのサービスしか利用していない男性は64%(921万人)で、「Amazon」のみを利用している人が33%で最も多くなっていました。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP