プレミアムフライデーに関する実態調査(20代~60代の男女対象) 

2017年04月26日
ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『プレミアムフライデー』に関する調査結果を発表します。
本調査は、全国の20代~60代の男女1,057名が対象です。

【調査結果の概要】

■約6割が、「月末という条件を変えた方がいい」
「プレミアムフライデー」のことを知っている人のうち、「月末という条件を変えた方がいい」と考えている人は56.4%、「15時という条件を変えた方がいい」と考えている人は51.0%、「金曜日という条件を変えた方がいい」と考えている人は38.8%でした※。
※「あてはまる」「ややあてはまる」の合計。

■2、3月のプレミアムフライデー時、「フレックスタイム制」の人の3割が「早帰り」に成功
「プレミアムフライデー」認知者のうち、2月に「早帰り」できた人は12.0%、3月は11.9%でした。就業形態が「フレックスタイム制」の人に限ってみると、2月に「早帰り」できた人は30.6%、3月に「早帰り」できた人は29.1%でした※。
※「15時退社が実行できた」「15時退社は失敗したが、いつもよりは早く帰れた」「もともと15時退社は狙っていなかったが、いつもより早く帰れた」の合計。

■15時までに帰宅した人の約4割は「前日に多めに残業して仕事を調整」
「プレミアムフライデー」に15時退社した人の38.3%が「前日に多めに残業して仕事を調整」していました。また、「朝早く出社して仕事を調整」した人も36.2%いました※。
※複数回答あり。

■大型連休前のプレミアムフライデーは、約4割が「早帰りをあきらめている」
ゴールデンウィークに近い、4月の「プレミアムフライデー」は、「特にいつもと退社時間は変わらないとあきらめている」人が最も多く、37.3%でした。「なんとしても15時退社したい」人は4.2%、「できれば15時に退社したい」人は8.4%、「15時は無理なので、せめていつもより早く帰りたい」と思っている人は5.5%でした。

■制度自体の認知度は9割を超えるも、公式マークの認知率は3割満たず
プレミアムフライデーについて、「知っていて、他の人にも説明できる」(44.6%)、「知っているが、他の人に説明できるほどではない」(35.2%)、「聞いたことはあるが、よく知らない」(15.4%)で、認知度は95.2%でした。一方、公式ロゴマークを「見たことがある」(13.6%)、「知っているが、見たことはない」(13.4%)で、公式ロゴマークの認知度は27.0%にとどまりました。


【調査概要】
調査名:『プレミアムフライデーに関する実態調査』
調査期間:2017年4月21日(金)~24日(月)
調査対象:全国の20代~60代の男女1,057名
調査方法:セルフ型ネットリサーチ Fastaskでのアンケート調査

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP