マスク着用による肌のトラブルに関する調査(20~39歳の花粉に悩む女性対象) 

2017年04月21日
ヤーマンは、スギ花粉が飛散し悩みの多い春シーズンに、20~39歳の花粉に悩む女性916人を対象に、花粉対策のためのマスク着用による肌のトラブルについて、アンケート調査を行いました。

【調査トピックス】

1. 花粉に悩む女性の73.2%が対策のためにマスクを着用
2. 花粉対策のためにマスクをしている女性の80.6%が自分の肌に自信ナシ!
3. マスク着用による肌トラブル1位は「顔のかゆみ」
4. 花粉による悩み改善のため「マスクをする」が、マスクによる肌トラブルの不安も

【調査結果】

1.花粉に悩む女性の73.2%が対策のためにマスクを着用

厚手のコートから解放されて、心がウキウキする春。一方で、花粉で悩みを抱えている人も少なくありません。そんな花粉に悩む20代~30代女性916人のうち、マスクを「頻繁に着用」する割合は51.7%と半数以上を占めました。「時々、着用」(21.5%)と合わせると7割を超える女性が花粉シーズンにマスクを着用していることがわかります。花粉シーズンに、マスクは必須アイテムと言えそうです。

2.花粉対策のためにマスクをしている女性の80.6%が自分の肌に自信ナシ!

さらに、花粉対策のためマスクを「頻繁に着用」、「時々、着用」している女性500人に、今の自分の肌に自信があるかどうか聞いたところ、自分の肌に自信がある人の割合は19.4%と、2割未満にとどまりました。これに対し、自信がない人の割合は80.6%にのぼり、花粉対策のためにマスクをしているマスク女子の大多数が何らかの肌トラブルを抱えていることがわかりました。

肌トラブルにはいろいろな原因がありますが、マスク女子にとって、マスクは肌に負担をかける大きな要因かもしれません。そこで、次はマスクが原因だと思われる肌トラブルについて聞いてみました。

3.マスク着用による肌トラブル1位は「顔のかゆみ」

花粉対策のためにマスクを着用している女性500人に、マスク着用が原因だと思われる肌トラブルについて聞いたところ、1位は「かゆみ」(24.8%)という結果となりました。2位以下は「ニキビ・吹き出物」(20.6%)、「ほてり」(16.6%)、「かさつき」「赤み」(ともに14.6%)と続きます。

4.花粉による悩み改善のため「マスクをする」が、マスクによる肌トラブルの不安も

花粉対策のためにマスクをしている500人のうち、花粉による悩みやマスクによる肌トラブルを持つ女性たちに、花粉による悩みの改善のために行っていることを聞いたところ、1位は「マスクをする」で52.5%と、他項目を大きく上回っています。以下、「手洗いをきちんとする」(40.4%)、「洗顔をしっかり行う」(37.4%)が上位を占めました。一方、マスク着用による肌トラブルの予防や改善のために行われていること1位は、「マスクを長時間つけない」(42.1%)でした。次いで、「マスクを適切な頻度で交換する」(34.7%)、「マスクの下にメイクはしない」(31.6%)、「洗顔をしっかり行う」(31.3%)と続きます。花粉に悩む女性は、花粉を防ぐためにマスクを着用する一方で、マスクによる肌トラブルにも悩まされる状態に陥っていることがわかりました。


【調査概要】
調査タイトル:花粉に関するアンケート
調査方法:インターネットリサーチ
調査期間:2017年3月17日~3月21日
調査対象:花粉に悩む20~39歳女性 916名

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP