母の日ギフトに関するトレンド調査 

2017年04月19日
ハースト婦人画報社が、カタログギフトのリンベルと共同運営する通信販売事業「婦人画報のおかいもの」は、今年の母の日ギフトについて、全国の「婦人画報のおかいもの」ユーザーを対象にインターネット調査を行いました。

<おもな調査結果>

★約8割の方が、今年の母の日ギフトを「贈る」予定と回答

★贈る予定のものは、昨年比17ポイントアップの「スイーツ」がダントツのトップに。ベスト3は、1位「スイーツ」(64%)、2位「カーネーション以外の花」(24%)、3位「洋服・アクセサリー等服飾品」(22%)※複数回答。
もらったら嬉しいものベスト3は、1位「スイーツ」(86%)、2位「外食に一緒に行く」(35%)、3位「カーネーション以外の花」(25%)※複数回答。定番の「カーネーション」(13%)は8位と、意外にも下位に。

★ギフトの平均予算金額は、昨年より若干減少。実の母向けは6,320円(昨年6,490円)、義理の母向けは5,570円(昨年5,610円)。

★購入場所は1位「通信販売(インターネット含む)」(67%)、2位「デパート・百貨店」(60%)、3位「路面店」(29.2%) ※複数回答。昨年も同順位。通信販売での購入が一般的に。

★「母の日ギフトでもらって困った経験」では、1位「好みに合わなかった」(33%)、2位「賞味期限が短い・量が多い食品」(13%)、3位「手作りのもの」(10%)がベスト3。受け取るお母様の立場での商品選びがポイント。※複数回答

「婦人画報のおかいもの」は、2017年3月末より母の日特集をスタート。この調査結果を裏付けるような、和洋スイーツ商品が人気です。


【調査概要】
対象:「婦人画報のおかいもの」顧客
有効回答数:1601名(29歳以下17名、30代243名、40代634名、50代 544名、60代以上163名)
調査方法:インターネット調査
調査期間:2017年4月3日(月)~4月9日(日)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP