百貨店のブランドイメージに関するアンケート調査(第4回) 

2017年04月19日
マイボイスコムは、4回目となる『百貨店のブランドイメージ』に関するインターネット調査を2017年3月1日~5日に実施し、11,517件の回答を集めました。調査結果をお知らせします。

【調査結果TOPICS】

■独自性があると思う百貨店は「伊勢丹」が2割強で、2位以下の「タカシマヤ」「大丸」と差がみられる。「いずれもない」が5割弱と比率高い
■今後利用したい百貨店は、「タカシマヤ」「伊勢丹」が各1割強、「三越」「大丸」が7~8%。「いずれもない」は3割強で、男性20~40代で比率高い

【調査結果】

◆信頼性・安心感がある百貨店
信頼性・安心感があると思う百貨店は、「タカシマヤ(高島屋)」「三越」「伊勢丹」が3~4割となっています。地域別にみると、「タカシマヤ」は関東・中部、「三越」は東北・中国・四国・九州、「伊勢丹」は北陸、「大丸」は北海道、「阪急百貨店」は近畿で1位です。「松坂屋」は中部、「そごう」は中国で比率が高くなっています。

◆品質が優れている百貨店
品質が優れていると思う百貨店は、「タカシマヤ(高島屋)」「三越」「伊勢丹」が各3割となっています。地域別にみると、「タカシマヤ」は中部、「三越」は東北・中国・四国・九州、「伊勢丹」は関東・北陸、「大丸」は北海道、「阪急百貨店」は近畿で1位です。「松坂屋」は中部で比率が高くなっています。

◆独自性がある百貨店
独自性があると思う百貨店は、1位は「伊勢丹」で21.1%、2位以下の「タカシマヤ(高島屋)」「大丸」(各1割)と差がみられます。「いずれもない」は46.8%で、他のイメージ項目より高くなっています。地域別にみると、「伊勢丹」は東北・関東・北陸・中国・四国(三越と同率)、「タカシマヤ」は中部、「大丸」は北海道、「三越」は四国、「阪急百貨店」は近畿で1位、比率はいずれも1~3割弱となっています。

◆接客がよい百貨店
接客がよいと思う百貨店は、「タカシマヤ(高島屋)」「三越」「伊勢丹」が各2割です。「いずれもない」は39.6%で、男性20・30代で5割強となっています。地域別にみると、「タカシマヤ」は中部、「三越」は東北・中国・四国・九州、「伊勢丹」は関東・北陸、「大丸」は北海道、「阪急百貨店」は近畿で1位にあがっています。

◆親近感がある百貨店
親近感があると思う百貨店は、「タカシマヤ(高島屋)」「大丸」「そごう」が各10%台で、他のイメージ項目に比べて比率が低くなっています。「いずれもない」は38.1%、男性20~40代では5割です。地域別にみると、「タカシマヤ」は関東・四国、「大丸」は北海道、「そごう」は中国、「伊勢丹」は北陸、「三越」は東北、「阪急百貨店」は近畿で1位となっています。

◆今後利用したい百貨店
今後最も利用したい百貨店は、「タカシマヤ(高島屋)」「伊勢丹」が1割強、「三越」「大丸」が7~8%などとなっています。「いずれもない」は31.9%、男性20~40代では4割強と高くなっています。地域別にみると、「タカシマヤ」は中部、「伊勢丹」は関東・北陸、「三越」は東北・四国・九州、「大丸」は北海道、「阪急百貨店」は近畿で1位となっています。


【調査概要】
調査対象:「MyVoice」のアンケートモニター
調査方法:インターネット調査(ネットリサーチ)
調査時期:2017年03月01日~03月05日
回答者数:11,517名
調査機関:マイボイスコム株式会社

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP