大手企業のビジネスチャットツール導入実態調査(売上規模100億円以上、従業員数200名以上の企業に勤務する役職者対象) 

2017年04月13日
伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は、2017年2月に、売上規模100億円以上、従業員数200名以上の企業に勤務する役職者(有効回答412名)を対象として、「大手企業のビジネスチャットツール導入実態調査」を実施しました。

【主な調査結果】

・チャットツール、ビジネスチャットツールを導入している企業は28.1%
・導入している企業の内、主にPCで業務を行う企業が利用するサービスは「Skype」が30.5%、主に携帯電話/タブレットで業務を行う企業は「LINE」が24.0%、「Facebook」が19.8%
・導入企業のツール選択の基準は「使いやすさ」が21.6%、「セキュリティ」が20.6%。導入理由は「スピーディなコミュニケーション」が23.6%、「会議時間の短縮への期待」が15.7%。
・導入していない企業の42.4%が「業務に必要ない」、22.6%が「セキュリティが心配」と回答
・導入していない企業の52.4%は「社内で利用されているかわからない」と回答

今後は企業の情報管理やガバナンス意識の向上に合わせて、管理機能や監査機能を備えセキュリティを強化した企業向けのビジネスチャットツール利用が本格化し、ビジネスチャットツール市場が拡大していくことが期待されます。

【調査結果】

■会社として公式にチャットツール、ビジネスチャットツールを導入している企業は 28.1%
会社として公式にチャットツール、ビジネス向けチャットツールを導入しているかという質問に対しての回答は、「全社で導入している」が 12.1%、「一部で導入している」が 16.0%、「導入していない」が71.8%でした。

■携帯電話/タブレットで業務を行う企業では SNS をビジネスにも活用
会社で公式にビジネスチャットツールを導入している企業がどのようなツールを導入しているのかについては、社員が主に PC で業務を行うと回答した企業が利用しているサービスは、「Skype」が 30.5%、「Facebook」が 15.3%、「Microsoft Teams」が 11.9%でした。また社員が主に携帯電話/タブレットで業務を行うと回答した企業では、「LINE」が 24.0%、「Facebook」が 19.8%、「Skype」が 16.8%で、PCで業務を行う企業と比べて、携帯電話/タブレットで業務を行う企業では LINE や Facebook 等、SNSのビジネスへの活用が進んでいました。

■チャットツールの導入基準は使いやすさとセキュリティを重視
会社で公式にビジネスチャットツールを導入している企業がどのような基準で導入を決めたのかについては、「使いやすさ」が 21.6%、「セキュリティ」が 20.6%、「業務効率化」が 15.6%、「安心感(開発している会社に信頼がある等)」が 15.1%でした。

■導入した理由はコミュニケーションの効率化
会社で公式にビジネスチャットツールを導入している企業がどのような理由で導入したのかについては、「スピーディにコミュニケーションができる」が 23.6%、「会議時間の短縮が期待できる」が 15.7%、「複数人での情報共有が容易になる(他部署間とのコミュニケーション活性化等)」が 13.9%でした。

■導入していない企業の 42.4%が「業務に必要ない」、22.6%が「セキュリティが心配」と回答
ビジネスチャットツールを導入していない企業が導入しない理由については、「業務に必要と感じていない」が 42.2%、「セキュリティが心配(機密情報の取り扱い)」が 22.6%、「会社側での管理・運用対象が増える」が 12.3%となりました。

■非公式のチャットツールを業務に利用しているかどうかは不明
ビジネスチャットツールを導入していない企業への、社員が非公式のチャットツールを会社に無断で業務に利用しているか、もしくは利用していることを把握しているかという質問に対しては、「わからない」が 52.4%、「利用されている実態はない」が 35.5%、「把握はしていないが、利用されていると思う」が 7.8%となりました。


【調査概要】
・調査対象:全国、売上規模100億円以上、従業員数200名以上の企業に勤務する経営者・ 役員、及び係長・リーダークラス以上の役職者
・調査方法:インターネット調査
・有効回答数:412(PC使用企業206、携帯電話/タブレット使用企業206)
・調査期間:2017年2月3日~2月4日

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP