美容ケアとライフスタイルに関する意識と実態(日本・アメリカ・フランス・韓国の30・40代女性対象) 

2017年03月30日
ピアスは、日本・アメリカ・フランス・韓国の4カ国の30・40代女性を対象に「美容ケアとライフスタイルに関する意識と実態」について世界調査を実施いたしました。

<調査結果サマリー>

①世界と比べて日本人は“顔・スタイル・性格・内面・ライフスタイル”のすべてに対して自信がない!?
“美容ケアに消極的な姿勢”や“努力の怠り”が自信のなさにつながっていることが判明
・日本人は”日常のメイクや美容ケアにかける時間が10分以内・20分以内と回答した人が最も多く、世界の中で最も”ケア時間が短い”という結果に。
・“年齢を重ねるにつれてケアにかける金額・時間が変わらない”のは日本が最多という結果に。
・顔・スタイル・性格・内面・ライフスタイルに関して「自信がない」との回答が世界で最多に。

②世界と比べて日本人は”他人の顔まわりの毛”に最もシビア!?
自身のケアは手薄にも関わらず、他人の毛のケアは気になってしまう傾向が。
“自分に甘く、他人に厳しい”日本人の国民性が明らかに!
・他人の眉毛・まつ毛・うぶ毛に違和感を抱いた経験があるのは4カ国の中でも多い結果に。
・その中でも眉毛は「左右のアンバランスさ」、まつ毛は「カールがつきすぎている」、うぶ毛は「口周り」に  違和感を抱いた経験がそれぞれのトップに。

③理想の眉毛は世界共通で「手入れした自然体」が第1位に!
日本では”長さ”や”多さ”よりも“上向きにカールしている”まつ毛が理想のトップに。
うぶ毛に関しては、“ケア経験がある”人は世界の中で日本が最も多く、身だしなみへの意識が高い傾向に。
・眉毛の理想は「手入れをした自然体」が4カ国でトップに。
・日本は「上向きにカールしている」まつ毛が理想のトップだが、他3カ国は「毛が長い」「毛が多い」がトップに。
・うぶ毛のケア経験は日本人が最も多いことが判明。ケア部位は鼻の下が第1位。次に口周りが第2位に。

④理想の女性像は日本・フランスで「自然体・ナチュラル」が第1位に!
アメリカでは”ポジティブ”、韓国では”知性・教養がある”がトップとなり国によって差があることが明らかに。
“歳を重ねること”に対しては、日本・韓国は”ネガティブ”に捉える傾向が。
一方、アメリカ・フランスでは”ポジティブ”に捉えていることが判明。
・日本・フランスは「自然体・ナチュラル」、アメリカは「ポジティブ」、韓国は「知性・教養がある」がトップに。
・日本・韓国では、「歳を重ねることに対してネガティブに考えている」と回答する人の方が多く、容姿やライフスタイルに関しても「10年前と比べた幸福度」は日本が最下位であることが判明。

【調査結果】

ポイント①  自信の度合いと行動との関係性
世界と比べて日本人は“顔・スタイル・性格・内面・ライフスタイル”のすべてに対して自信がない!?
“美容ケアに消極的な姿勢”や“努力の怠り”が自信のなさにつながっていることが判明

日本人は”日常のメイクや美容ケアにかける金額や時間が世界の中で最も短い”という結果になりました。また、年齢を重ねるにつれて美容にかける金額や時間の増減に関しては「変わらない」と回答する人が4カ国の中で最も多い結果に。4カ国の中で最も美容ケアにかける金額や時間を費やしていないことが明らかになりました。自身に対する自信や満足度は、日本人が、顔・スタイル・性格・内面・ライフスタイルに関して「やや自信がない・全く自信がない」と回答する人が4カ国の中で最も多いという結果に。その理由として、「きちんとケア・努力していないから」と、ケアへの消極的な姿勢が自信のなさにつながっていることが判明。

ポイント② “他人の顔まわりの毛”に対する意識
世界と比べて日本人は”他人の顔まわりの毛”に最もシビア!?
自身のケアは手薄にも関わらず、他人の毛のケアは気になってしまう傾向が。
“自分に甘く、他人に厳しい”日本人の国民性が明らかに!

顔まわりの毛の意識を調査したところ、「他人の眉毛・まつ毛・うぶ毛が気になったことがある」と回答した人は、日本が最も多いとう結果に。その中でも眉毛は「左右のアンバランスさ」、まつ毛は「カールがつきすぎている」、うぶ毛は「口周り」に違和感を抱いた経験がそれぞれのトップに。ポイント①の結果からもわかるように、日本人は、自身のケアは手薄にも関わらず、他人のケアに関しては厳しいことが伺えます。

ポイント③ パーツごとの理想とケア経験の有無
理想の眉毛は世界共通で”手入れした自然体”が第1 位に!
日本では”長さ”や”多さ”よりも”上向きにカールしている”まつ毛が理想のトップに
うぶ毛に関しては、ケア経験がある人は世界と比べて日本が最も多く、身だしなみへの意識が高い傾向に

理想とする眉毛・まつ毛・うぶ毛については、眉毛が4 カ国共通で「手入れした自然体」との回答が多数。理想的な眉毛には世界共通の美意識があることが明らかになりました。まつ毛は、日本のみ「上向きにカールしている」と回答した人が最多となり、アメリカ・フランスでは「毛が長い」、韓国では「毛が多い」と回答する人が最も多い結果に。日本人は世界に比べて、自まつ毛自体の質よりも、どのように見えているかということを重視する傾向があることが判明。うぶ毛に関しては、ケア経験がある人が世界と比べて最多に。ケアの部位は”口周り”と”鼻の下”が上位に。

ポイント④ 理想の女性像と将来・現状への幸福度
理想の女性像は日本・フランスが”自然体・ナチュラル”がトップに。 アメリカでは”ポジティブ”、韓国では”知性・教養がある”がトップとなり国によって差があることが明らかに。 “歳を重ねること”に対しては日本・韓国はネガティブに捉える傾向が。 一方、アメリカ・フランスでは”ポジティブ”に捉えていることが判明。

理想の女性像に関しては、日本・フランスでは「自然体・ナチュラル」と回答する人が多く、アメリカでは「ポジティブ」、韓国では「知性・教養がある」であることに重点を置く人が多い結果に。また、「歳を重ねること」に関しては、日本・韓国が”ネガティブ”に捉えている一方、アメリカ・フランスでは”ポジティブ”に捉えていることが判明。さらに、「10年前とくらべた幸福度」は日本が最下位に。アジア圏と欧米圏でのエイジングへの考え方の違いが、現在の自身の容姿やライフスタイルの幸福度に影響していることが伺えます。


【調査概要】
・調査方法:インターネット調査
・調査実施期間:2017年3月3日(金)~2017年3月15日(水)
・調査実施機関:株式会社レアソン
・対象地域:日本・アメリカ・フランス・韓国
・対象者:1200名(30~40代女性、各国300名)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP