子どもの遊園地デビューに関するアンケート調査(パパママ対象) 

2017年04月03日
コズレは、全国のパパママに「子どもの遊園地デビューに関するアンケート」を実施。
(期間:2017年1月18日~1月31日、有効回答数:2,675質問方法:webアンケート)

【調査結果】

●4割以上のパパママが“早すぎた”と答えた遊園地デビュー、初めての遊園地は2歳前後が良い?

子どもを初めて遊園地(テーマパーク)に連れて行った時の年齢について調査を行ったところ、1歳~1歳半が27.8%と一番多い結果となりました。また、連れて行った際の感想としては、全体の40%以上が“早すぎた”と感じたことがわかりました。
年齢別に見てみると、2歳~3歳に初めて連れて行ったという方が最も多く“丁度良い”(子どもの年齢は)と答え、“早すぎた”と答える割合は最も少なくなる結果になりました。これらのグラフから子どもの遊園地デビューの年齢は2歳~3歳ごろからが安心であるといえそうです。

●初めての遊園地を選ぶ3大要素「アクセス」「子ども向け設備の充実度」「子どもの好み」

初めての遊園地を選ぶ際の選択基準について調査してみると、3割以上の方が「自宅からのアクセス」「子ども向け施設の充実度」「子どもの好みとの一致」を挙げ、他の選択肢に比べて重視していることが分かりました。パパママたちは子どもがいかに楽しめて快適に過ごせるかを重点的に考えているといえそうです。

●圧倒的人気を誇る「東京ディズニーランド」、「アンパンマンこどもミュージアム」

初めての遊園地がどこだったのかを調査してみると、「東京ディズニーランド」が38.3%、「アンパンマンこどもミュージアム」が19.8%と群を抜く結果となりました。
ここで、前述の選択基準の三大要素「アクセス」「子ども向け設備の充実度」「子どもの好み」をもとにこの2か所がなぜ人気なのかを分析してみましょう。まず、遊園地では子どもに人気のミッキーマウスをはじめとした“ディズニー”や“アンパンマン”を題材としており、「子どもの好み」をクリアしています。
次に「アクセス」に関して、東京ディズニーランドは、都心から比較的行きやすいことや敷地内でモノレールが運行されていること、パークの目の前にホテルがあり宿泊ができるなど、便利なポイントが挙げられます。また、アンパンマンこどもミュージアムは、全国5カ所にあり、それぞれが駅近くに立地していて便利です。
最後に、「子ども向け設備の充実度」の観点では、いずれの施設も、おむつ交換台、子ども用トイレ、授乳室及びコインロッカーなどが充実しています。
以上のように「東京ディズニーランド」「アンパンマンこどもミュージアム」ともに三大要素をバランスよく備えている点が人気の理由と言えそうです。

●約6割のパパママがより楽しむために「持ち物」「季節・天候」を工夫

次に遊園地デビューをより楽しむために行った工夫を調査したところ、約6割の方が「持ち物」に工夫を行っているということがわかりました。中でも多かったのが、オムツ・着替え・暑い時期であれば水分を多めに持っていくことや、万が一移動中やパーク内でぐずってしまった場合にあやすためのお菓子・おもちゃを持っていくという意見でした。
また、57.8%が回答した「季節や天候」については、天気の良い日を選ぶほか、気温の丁度良い季節、特に秋に行くという意見が多く見受けられました。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP