Web統合電話帳アプリケーション市場の概況 (2016年末) 

2017年04月06日
MM総研は、主要なソリューション事業者へのヒアリング調査等をもとに、企業内にある様々なコミュニケーションツールの統合・連携を実現するWeb統合電話帳アプリケーション(※)の市場規模及び事業者シェアをまとめた。調査結果によると、2016年12月末時点のWeb統合電話帳アプリケーション(以下、Web電話帳)のクライアントライセンス数は15年12月末時点の78.2万から29%増となる100.6万に拡大、初めて100万の大台に達した。

【調査結果サマリー】

■ 2016年12月末の市場規模は、前年比29%増の100.6万ライセンスに拡大
■ 事業者シェアはPhone Appliがクライアントライセンス数シェアで79%を獲得
■ 「働き方改革」の追い風とクラウド利用の浸透で2018年末は170万規模に拡大へ


※Web統合電話帳アプリケーションの定義
・IP-PBX/SIPサーバー等と連携し、電話番号、メールアドレスなどの電話帳を、固定電話やモバイル端末(PC、スマートフォン、タブレット端末など)などから、社内・社外を問わず、利用できるようにするWebベースの電話帳アプリケーションであること。
・電話帳の画面上で、電話、メール、プレゼンス確認、インスタントメッセージ、Web会議などのコミュニケーションツールと連携できる機能を持っていること
・Web上での電話帳データの共有管理・一括管理に機能が限定されたソフトウェアは含まない。
・PBX等の一機能として提供されているものは除く

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP