2017年4月に新社会人になる独身男女の、職場恋愛に関する意識調査 

2017年04月06日
オーネットは、2017年4月から新社会人となった全国の独身男女計212名を対象に、職場恋愛に対する意識について調査を実施しました。

【主な調査トピックス】

■新社会人の約4割は、交際相手あり!
今年新社会人になる彼らのうち、約4割が「交際相手がいる」ことが明らかに。昨年と比較すると、ほぼ横ばいとなっており、引き続き恋愛に対しては積極的な姿勢を持った世代のようです。

■社会人になって新しい出会い・恋愛を期待する人は半数以上!
新しい環境での出会いや恋愛への発展を期待している社会人は、男女ともに半数以上いる事がわかりました。

■イマドキの新社会人は、職場恋愛に積極的といえるも減少傾向?
社会人になるにあたり、「職場恋愛をしてみたいかどうか」を聞いてみたところ、約3割が「してみたい」と回答。

■職場恋愛のメリット第1位「生活のリズムが同じ」
職場恋愛のメリットの第1位は45.3%で「生活のリズムが同じ」、第2位は43.4%で「お互いの共通の話題が増える」、第3位は31.6%で「相手の仕事の不満を聞いてあげられる」となりました。

■「こんな上司や先輩なら恋愛してみたい」有名人を聞いたところ、女性1位は石原さとみさん、男性1位は高橋一生さんという結果に。

【調査結果】
 
『あなたは今、彼氏・彼女がいますか?』 交際相手がいるのは男女ともに約4割!
 
■意外とみんな恋愛している!新社会人の約4割は、交際相手あり!
「若者の恋愛離れ」とも言われる昨今ですが、今年の新社会人のうち、約4割が「交際相手がいる」ことが明らかになりました。前年と比べて交際相手がいる割合が上昇した昨年と比較すると、ほぼ横ばいの結果となり、昨年に引き続き、恋愛に積極的な姿勢が見て取れます。

『学生から社会人になるにあたり、異性との新しい出会いや恋愛を期待しますか?』期待をしている人は半数以上!

※「期待する」・・・「とても期待している」、「まあまあ期待している」の合計
※「期待していない」・・・「あまり期待していない」「全く期待していない」の合計

■社会人になって新しい出会い・恋愛を期待する人は半数以上!
学生時代、進級・入学の時期に新たな出会いに胸をときめかせた経験がある方も多いかと思いますが、それは会社に入社するときも一緒のよう。「新しい出会いや恋愛」を期待しているのは、男女どちらも半数以上いる事がわかりました。やはり新しい環境というのは新鮮で、新たな出会いを期待するものなのですね。

『職場恋愛をしてみたいと思いますか?』全体では3割以上が職場恋愛をしてみたい!

■今どきの新社会人は、職場恋愛に積極的も減少傾向?
社会人になるにあたり、新たな恋愛を期待していることが分かりましたが、では実際に「職場恋愛をしてみたいか」を聞いてみたところ、「してみたい」と回答したのは意外と少ない約3割という結果となりました。とくに「したくない」と回答した女性が昨年比で13.6ポイントも増加しているのが気になるところです。

また、どのような上司・先輩に憧れるかを聞いたところ、男女ともに「優しい」上司・先輩に憧れることがわかりました。一方で男性は女性の上司・先輩に対して「仕事ができる」女性に憧れる傾向が強いのに対し、女性は男性の上司・先輩に対して「頼れる」男性に憧れており、女性は実際に頼りにしたいという気持ちがあるようです。

『職場恋愛のメリットは何だと思いますか?』
『職場恋愛のデメリットは何だと思いますか?』

■職場恋愛のメリット第1位「生活のリズムが同じ」!
職場恋愛をしてみたいと考えている人が3割以上いることが分かりましたが、職場恋愛のメリット/デメリットをどのように考えているかを調査。メリットの第1位は45.3%で「生活のリズムが同じ」、第2位は43.4%で「お互いの共通の話題が増える」、第3位は31.6%で「相手の仕事の不満を聞いてあげられる」という結果になりました。職場恋愛を成就させるコツは、相手の社内恋愛に対する考え方を尊重し、相手の立場になって配慮してあげることが必要かもしれませんね。

一方、デメリットの第1位は81.6%で「別れた時がきまずい」、第2位は51.4%で「同僚の目が気になる」、第3位は10.4%で「常に一緒で飽きる」という結果に。「別れたときがきまずい」「同僚の目が気になる」が去年よりも増加しており、会社に居づらくなる状況を避けたいと考える傾向が見られます。また職場恋愛は基本的に「ふたりだけの秘密」とされることが多く、前述の「職場恋愛はしたくない」という女性の増加も合わせると、昨年からの有名人のスクープなどが、秘密が人に知られることを避けたいという気持ちを増加させているのかもしれません。

『職場恋愛のキッカケとして期待している理想のシチュエーションは?』

■男性
「仕事で疲れた時に差し入れをする」
「給湯室でいちゃいちゃ」
「遅くまで2人で残業」
「仕事の相談にのっていたらお互いに気持ちが芽生える」
「仕事の休憩中に一緒にご飯を食べる」
「新入社員から初めて声をかけられて、営業とか回るのが一緒で、毎日一緒になり、お互いひかれあって、恋に落ちて付き合う」

■女性
「仕事のことを聞いている間に恋愛感情が芽生える」
「一緒に仕事をしていてときめきがあり、そこから恋愛に発展する」
「教えてくれる先輩とご飯に行く」
「エレベーターで2人きり」
「会社では仕事のできるかっこいい先輩に憧れたい。付き合えたら心の中で、(このかっこいい先輩が私のものなんだ)って優越感得たい」

男女ともに職場恋愛ならではの回答が多くありました。「仕事で疲れた時に差し入れ」などはいつまでも変わらない理想のシチュエーションかもしれませんね。

『こんな上司/先輩がいれば職場恋愛をしてみたいと思う芸能人は?』今年はドラマの影響も?

男性が選ぶ第1位:石原さとみ
以下 新垣結衣・北川景子・菜々緒・長澤まさみなど

女性が選ぶ第1位:高橋一生
以下 綾野剛・西島秀俊・三浦翔平・山田涼介、櫻井翔など

男女ともに大人気の芸能人がランクイン。職場恋愛ということで、「知的」で「仕事ができそう」なイメージの芸能人が多くランクインしていますね。また、一緒に仕事をしていて楽しそうなイメージも重要なポイントとなっているようです。そして昨年から今年にかけては話題になるドラマが多かったことから、ドラマの出演者を職場恋愛の相手に挙げた方もいたかもしれませんね。


"結婚相手紹介サービス「楽天オーネット」調査"

【調査概要】
調査名:楽天オーネット「2017年4月に新社会人になる独身男女の、職場恋愛に関する意識調査」
調査地域:全国
調査対象:2017年4月に新社会人になる独身男女
調査方法:インターネットをしたクローズ調査
調査日: 2017年3月21日(火)~3月27日(月)
調査主体: 株式会社オーネット
サンプル数: 212 人

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP