LGBT 意識行動調査(ファッション・理美容の領域) 

2017年03月28日
博報堂DYグループの、LGBTを含む性的マイノリティ(以下、LGBT)に関する専門マーケティングエージェンシーであるLGBT総合研究所は、2016年度5月に実施した、全国20~59歳のLGBT該当者828人および非LGBT該当者208人を対象にした『LGBT意識行動調査』の結果分析を順次公開しております。
第2弾として「ジェンダーレス」「ジェンダーフリー」など、男女二元論に縛られないことで注目を集めているファッション・理美容の領域に関する項目の結果を発表致します。

【調査結果サマリー】

■ファッション関連の支出金額(ひと月あたり)は、
非LGBT層が6,505円に対し、LGBT層は8,630円とかなり高い傾向。

■化粧品・理美容関連の支出金額(ひと月あたり)は、
非LGBT層が3,580円に対し、LGBT層は3,869円と、やや高め。

■買い物に関する意識・行動では、
LGBT層は「デザイン」「新しさ」「高品質」を重視する傾向。

■情報・流行に関する意識・行動では、
LGBT層は情報収集や新しいモノ・コトの取り入れが早い傾向。

■ファッションに関する意識・行動では、
LGBT層は「品質がよい」「人と違う」「流行・話題」を積極的に取り入れる傾向。

■美容に関する意識・行動では、
LGBT層は美容や化粧のケアなどに積極的で、楽しみながら取り組む傾向。

■化粧品に関する意識・行動では、
LGBT層は機能性だけでなく、デザインも重視する傾向。

■LGBT層は、臭いケア、ヘアケア、スキンケア、ボディケアは勿論、エステやスパなどスペシャルケアにも熱心。

【参考資料】

ファッション関連のひと月あたりの支出金額では、LGBT 層が 8,630 円と、非 LGBT 層の 6,505 円に比べ、133%高い支出傾向が見られた。今後の支出についても、LGBT 層の 20.3%がより多くのお金をかけたいと回答。LGBT 層がファッションを重要視する傾向が伺える。


化粧品・理美容関連の支出金額では、LGBT 層が 3,869 円で、非 LGBT 層の 3,580 円よりもやや高い傾向。今後の支出については、LGBT 層の 15.1%がより多くお金をかけたいと回答している。

買い物に関する意識・行動においては、非LGBT層が「実用性」「性能・機能」「特売やセール」を重視する一方、LGBT 層は、非 LGBT 層に比べ、「デザイン」「新商品」「品質」を重視する傾向が伺える。「衝動買いをすることが多い」「欲しい物は無理してでも手に入れる」など欲求に素直な傾向も見られた。


情報・流行に関する意識では、LGBT 層は非 LGBT 層に比べ、情報収集に貪欲な傾向。口コミなど情報交換を積極的に行い、新しい商品やサービスの積極的なトライアルを行う傾向が明らかになった。

ファッションに関する意識・行動でも、買い物に関する意識・行動と同様に、「高くても品質がよい服を選ぶ」など、質を重視する傾向。また「周囲からの意見に左右されない」としながらも、「流行・話題のファッションを積極的に取り入れる」など、自身のファッションセンスに加え、良いとされるものを取り入れることが判明。


理美容に関する意識・行動でも、LGBT層は非LGBT層に比べ、美容や化粧品に気を遣う傾向が高いことが判明。また化粧品の機能や成分にこだわるだけでなく、デザインを重要視する層も多い。情報意識・行動と同様、「流行の先取り」や「人のお薦め」などで、積極的に新しいケアなどを試している模様。

実際に気を配り、取り組んでいるケアを見ると、LGBT 層が非 LGBT 層に比べて、あらゆるケアで積極的なことが判明。特に大きな差が見られたのは、エステやスパなどのスペシャルケアへの取り組みで、非 LGBT層が 6.3%に留まっているのに対し、LGBT 層では 16.2%と高い。美容においても高い意識で取り組んでいることが伺える。


<調査概要>
「LGBT 意識行動調査」
調査対象:20~59歳の個人 1,036 人
割付設計:LGBT 層該当者 828 人/非 LGBT 該当者 208 人
調査対象エリア:全国
調査時期:2016 年 5 月 19 日~21 日
調査手法:インターネット調査

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP