2017年2月のマンガアプリの利用状況調査 

2017年03月28日
視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタルは、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン モバイル ネットビュー)のデータをもとに、2017年2月のマンガアプリの利用状況を発表しました。

・マンガアプリTOP3の利用者数は200万人超で推移
・TOP3アプリは月に20回利用され、1回につき8分以上読まれる
・20代以下の若年層がマンガアプリの利用をけん引。サービスにより男女構成比が異なる

まず、マンガアプリの利用者数を見ると、2017年2月時点で100万人を超えているのは6サービスとなり、1位は「LINEマンガ」の279万人、次いで「comico(コミコ)」の260万人、3位は「マンガワン」の247万人となりました。4位以下は100万人程度の利用者となり上位3アプリと100万人以上の差がありました。また、過去6ケ月間の利用者数の推移は、ほぼ横ばいでした(図表1)。

次に、各アプリの1人あたりの月間利用回数(セッション数)と1回あたりの利用時間をみると、上位3アプリは、月に20回程度、4位以下でも10回以上利用されていました。利用時間も6分~9分程度の長さで利用されていました(図表2)。

最後に、各アプリ利用者の男女構成比を見ると、「LINEマンガ」、「comico」では女性の利用者の割合が65%となり、「マンガワン」、「マンガボックス」、「少年ジャンプ+」では反対に男性の利用者割合が60%超となっていました。年代構成では、「LINEマンガ」の利用者の44%が20代以下であり、また、その他のマンガアプリでは20代以下の利用者構成比は60%程度になっていました(図表3)。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP