“新卒 3 年以内の離職”に関して調査(「新卒3年以内に仕事を辞めた男女」、「新卒4年目以降でも仕事を続けている男女」対象) 

2017年03月24日
日本アンガーマネジメント協会は、「4月の入社シーズン」を前に、日本全国の「新卒3年以内に仕事を辞めた男女」、「新卒4年目以降でも在籍している男女」の合計412人を対象にアンケートを実施しました。当会䛿、今日まで企業にとって大きな問題とされてきた、新卒入社3年以内の離職率問題について注目し、「新卒入社3年以内に離職した人」と「4年以上在籍している人」との差には、勤務先における“怒り”や感情コントロールの技術不足が関係しているのではないか、と仮説をたて検証しました。

 そこで本アンケートを実施したところ、「どうすれば退職を回避できたと思いますか?」の質問に対しては、調査対象となった「新卒3年以内に仕事を辞めた男女」の28.2%が「上司との良好な関係」、22.6%が「適切な叱られ方」と回答。入社3年以内に辞めた新卒の過半数が上司との良好なコミュニケーションが不足していたことが判明しました。反対に、「新卒4年目以降でも仕事を続けている男女」の 31.9%は「同僚との良好な関係」を築けていたことが、仕事を続けられた理由だと回答しました。

【調査結果】

■3年以内に辞めた新卒の50%以上は上司との良好なコミュニケーション不足が原因で離職、4年以上在籍している新卒の30%以上は同僚との良好な関係を築けていたことが仕事を続けられる理由だった!

どうすれば退職を回避できたと思いますか?
(3年以内に仕事を辞めた人)    %
第1位    上司との良好な関係    28.2%
第2位    (上司からの)適切な叱られ方    22.6%
第3位    労働時間の改善    20.0%
第4位    給与面の改善    16.9%
第5位    同僚との良好な関係    6.7%
第6位    その他    5.6%

退職を回避できた理由はなんでしょうか?
(4年以降でも仕事を続けている人)    %
第1位    同僚との良好な関係    31.9%
第2位    その他    28.6%
第3位    上司との良好な関係    14.3%
第4位    給与面の改善    10.9%
第5位    労働時間の改善    7.6%
第6位    (上司からの)適切な叱られ方    6.7%

分析①:3年以内に辞めた人は、上司との良好なコミュニケーションを重要視し、4年以上在籍している人は同僚との関係性を重要視する

 調査の結果、調査対象となった3年以内に辞めた新卒のうち、50.8%もの人が、「上司との良好な関係」「適切な叱られ方」があれば退職を回避できたと回答、4年以上在籍している新卒のうち、31.9%もの人が「同僚との良好な関係」が仕事を続けられた理由と回答。3年以内に辞めた人は、上司からの適切な叱られ方、上司との関係性を重要視し、4年以上続けている人は同僚との関係性を重要視することが考えられます。

■調査結果まとめ■

①3年以内に辞めた人は、適切な叱られ方、上司との関係性を重要視し、続けている人は同僚との関係性を重要視する
②仕事や勤務先に関わるイライラが3年以内離職率に大きく影響している
③1週間の中で最もイライラした日は月曜日、2位金曜日だが、休日にもプライベートなことでイライラしている
④男女ともにイライラの解消法は人に“愚痴る”ことだが、特に女性は圧倒的にその傾向にあり、男性は運動など身体を動かすことでも解消できる。

■3年以内に辞めた人は4年以上在籍している人に比べて3倍以上イライラしている!

新入社員時、1日に何度仕事や勤務先に関することでイライラしましたか?(3年以内に仕事を辞めた人)    %
20回以上    14.8%
15回~19回    1.0%
10回~14回    10.3%
5回~9回    23.8%
1回~4回    50.2%

新入社員時、1日に何度仕事や勤務先に関することでイライラしましたか?(4年以降でも仕事を続けている人)    %
20回以上    4.5%
15回~19回    0.6%
10回~14回    8.2%
5回~9回    19.5%
1回~4回    67.4%

分析②:仕事や勤務先に関わるイライラが3年以内離職率に大きく影響していることが実証される!

 調査の結果、3年以内に仕事を辞めた人は、4年以上在籍している人に比べて「1日20回以上イライラした割合」が3倍以上になることがわかりました。このことから、仕事や勤務先に関わるイライラが新卒の3年以内離職率に大きく影響していると考えられます。

■1週間の中で最もイライラした日は月曜日、2位は金曜日という結果に!

新入社員時、1週間の中で、仕事や勤務先に関することで最もイライラした日は何曜日ですか?    %
第1位    月曜日    56.3%
第2位    金曜日    13.2%
第3位    土曜日    9.0%
第4位    日曜日    7.9%
第5位    火曜日    5.0%
第6位    水曜日    4.5%
第7位    木曜日    4.0%

分析③:仕事が溜まってしまう月曜日、金曜日が上位に。意外にも土曜日、日曜日にもイライラしていることが判明!

 調査の結果、1週間の中で最もイライラした日は圧倒的な差で月曜日が選ばれました。理由には「仕事が一番たまっていて、ストレスフルだったので」(32歳男性/静岡県)など、業務量の多さが挙げられました。次いで 2位の金曜日は、「一番忙しい日で、仕事が終わるのも遅かった」(32歳男性/北海道)と、こちらも週末は業務量の多さにイライラを感じているようです。他の平日に比べて数値が高かった土日には、「子どもと関わる時間が長いから」(24歳女性/京都府)、「人と接する機会が多いから」(27歳女性/千葉県)など、家庭内やプライベートのことが原因でイライラを感じていることが判明しました。

■男性、女性ともにイライラの解消法は「誰かに話す」が1位に選出!

新入社員時、イライラをどのように解消しましたか?(男性) ※複数回答    %
第1位    誰かに話す    42.6%
第2位    気持ちを落ち着かせる    28.2%
第3位    運動する    27.7%
第4位    とにかく飲む    17.7%
第5位    とにかく食べる    17.1%
第6位    解消できない    15.6%
第7位    SNSに書き込む    12.2%
第8位    その他    9.5%

新入社員時、イライラをどのように解消しましたか?(女性) ※複数回答    %
第1位    誰かに話す    72.9%
第2位    とにかく食べる    28.9%
第3位    気持ちを落ち着かせる    20.4%
第4位    SNSに書き込む    14.0%
第5位    とにかく飲む    10.7%
第6位    解消できない    9.0%
第7位    その他    8.6%
第8位    運動する    4.6%

分析④:男女ともにイライラの解消法は人に“愚痴る”ことだが、特に女性は圧倒的にその傾向にあり、男性は運動など身体を動かすことでも解消できる。

 調査の結果、男女ともに「誰かに話す」ことがイライラの解消に繋がると回答。つまり、誰かに“愚痴る”ことでイライラを発散しているようです。特に女性は70%を超すなど、その傾向が顕著に表れています。このことからも、女性ハ男性よりも他人に依存し、人との関わりを重要視していることが考えられます。また、「運動する」と回答した女性が 4.6%なのに対して、男性は27.7%と約6倍の差が開きました。

「新入社員時、仕事や勤務先に関することでイライラしたこと」その他の自由回答

■上司が、自分の間違いを認めない(女性/25歳/愛知県)
■同僚が誰かの悪口ばかりを長時間話すので、早く解放されたかった(30歳女性/青森県)
■何を言っているのか聞き取れないほど 叫びながら怒られたとき(24歳男性/滋賀県)
■年功序列型の給与体系。寝てるおじさんの方が働いている若手より給料が良い(27歳男性/神奈川県)
■「残業するのはお前らの仕事が遅いからだ。残業代は出さないからな。」と言われたこと(33歳男性/東京都)
■同期が仕事の愚痴しか言わず、やることをやらない。結果としてすべて自分に降ってきたこと(31歳男性/神奈川県)
■変な伝統習慣に無理やり参加させられること(34歳男性/東京都)
■1年生がいるからいそがしいんだよと自分が聞こえるところで話していた時(26歳女性/東京都)
■こんな会社によく考えもせず入社してしまった自分の愚かさ(26歳女性/愛知県)
■死ねと言われたこと(23歳男性/東京都)


【調査概要】
サンプル数:412 人
調査対象者:「新卒3年以内に仕事を辞めた男女」、「新卒4年目以降でも仕事を続けている男女」
調査方法:インターネットリサーチ
調査時期::2017年3月7日~3月8日
調査内容:「仕事や勤務先関して怒りを感じたこと」について単一回答、複数回答にて調査を行い分析

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP