年収2000万円を超えるプロフェッショナルの実態調査 

2017年03月24日
金融業界およびコンサルティング業界に特化した転職支援サービスを手掛けるアンテロープキャリアコンサルティングは、登録者データベースをもとに年収2000万円を超えるプロフェッショナル人材の実態に関する調査を行いました。

【調査結果サマリー】

◆年収が2000万円を超えるプロフェッショナルの最年少は27歳、40歳代が42.8%ともっとも多くなり、年齢の中央値は42歳だった。
◆性別では圧倒的に男性の方が多く、男性14人に対して女性1人という割合となった。

◆出身大学は、東大と早慶だけで28.6%、海外MBAホルダーは16.1%。
◆所属企業は圧倒的に金融が多く78.8%。中でも投資銀行および証券会社、アセットマネジメント会社だけで56.6%を占めた。
◆転職回数でもっとも多かったのは2回の28.1%。
◆経験社数が1社の(転職したことがない)人は19.3%、一方5回以上の人は12.2%。


<調査方法について>
・2013年1月~現在の登録者のうち、登録時の現在年収が2000万円を超える方を対象とした。
・本人による申告、あるいは弊社コンサルタントによるヒアリングを基にしたデータを集計しており、正確性の検証は行って
いない。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
リンク先リサーチPDF
 マイページ TOP