「幸せ引きよせメイク」に関する調査(20~30代女性対象) 

2017年03月27日
コーセーは、20~30代の女性300名を対象に「幸せ引きよせメイク」に関する調査を行いました。

女性を変身させてくれる、毎日のメイク。そのなかには、恋愛も仕事もどんどん引きよせてくれる「幸せ引きよせメイク」があることをご存知でしょうか。「幸せ引きよせメイク」とは、外見からにじみでるような「幸せ度」を上げることで実際の幸せをも引きよせる、そんなメイクを指します。今回は、この「幸せ引きよせメイク」を過去1年以内に実施した人(=実施者)と実施していない人(=非実施者)各150名を対象に調査を実施。「幸せ引きよせメイク」が本当に幸せをもたらすのかを調べるとともに、「幸せ引きよせメイク」のポイントも深堀りしました。

【調査結果】

■ 恋愛、人間関係…「見た目」と「幸せ」の関係を95%の女子が意識

はじめに、「見た目の幸せ度」が高いと幸せを引きよせられると思うかきくと、95%が「そう思う」と回答。

女性たちは「見た目」と「幸せ」の間の密接な関係を意識しているといえそうです。さらに「見た目の幸せ度」が高いとどんな幸せが得られると思うかきくと、「恋愛がうまくいきやすいと思う」(92%)、「初対面の印象がいいと思う」(93%)など“恋愛や対人関係の幸せ”に関する答えが得られました。

恋もそれ以外の人間関係においても、「見た目の幸せ度」高いことがプラスに働くと考えている人が多いことがわかります。

■ 7割超が実感、「幸せ引きよせメイク」の実力! メイクの変化が幸せのきっかけに

そこで次に、実際にメイクによって幸せを引きよせることができるのかを検証しました。「幸せ引きよせメイク」実施者だけに「過去1年で、メイクによって『幸せを引きよせた』と実感したことはあるか」をきくと、71%が「ある」と回答。

実に、7割超が「幸せ引きよせメイク」の効果を実感していることになります。

具体的には、「いつも厳しい上司に肌が綺麗になったと言われ、一日とても嬉しかった」(36歳)など、メイクの変化に気づいてもらえたことが幸せにつながったという意見がきかれました。中には、「彼から今日キレイだねと言われてうれしくなった」(25歳)といった恋愛面でも幸せを引きよせた人も。「幸せ引きよせメイク」の実力はなかなか侮れないようです。

■ 「見た目の幸せ度」を左右するパーツは「肌」…実施メイクは「ナチュラルつや肌」が1位

いったいどんなメイクが幸せを引きよせるのでしょうか。パーツごとに分けて調べました。まず、「見た目の幸せ度」を左右すると思うパーツを選んでもらうと、1位は「肌」(92%)、2位は「瞳」(85%)、3位は「口」(66%)。

「肌」を選んだ女性からは、「赤ちゃんを見ると幸せを感じる人が多いと思うが、それはふわっとした雰囲気があるからだと思う。ふわっとした雰囲気を最も醸し出せるのは肌!」(31歳)、「肌がきれいだと、顔全体が明るい雰囲気になっているように感じる」(33歳)といった意見がきかれました。顔全体の印象・雰囲気を左右する肌だからこそ、「見た目の幸せ度」を上げやすいといえるでしょう。

実際に、「幸せ引きよせメイク」を実施した人のみに「実践したメイク」をきいた結果としても、「ルースファンデーションやパウダーでつくる素肌のような『ナチュラルつや肌』」(57%)が、2位「ツヤツヤリップでつくる『ぷっくり唇』」(48%)、3位「アイシャドウでつくる『涙袋メイク』」(44%)を上回り1位になりました。

 Q. 過去1年で実践した「幸せ引きよせメイク」は?    (複数回答・上位5位)

 ルースファンデーションやパウダーでつくる素肌のような「ナチュラルつや肌」…57%
 ツヤツヤリップでつくる「ぷっくり唇」…48%
 アイシャドウでつくる「涙袋メイク」…44%
 チークを印象的に見せる「丸のせチーク」…39%
 アイブロウでほどよい太さの眉頭・眉尻を描いた「上向き眉」…33%

「幸せ引きよせメイク」においては、特に「肌」の質感が重視されることがうかがえます。

■幸せを呼ぶ肌の質感は「ツルツル」より「ナチュラル」、幸せ引きよせ女子のテクニックも紹介

さらに具体的に「幸せ」な印象を与える肌の質感をたずねると、「陶器のようなスキのないツルツル肌」(60%)よりは、「繊細でキメの整ったナチュラル肌」(76%)を支持する声が多くみられました。

「幸せ引きよせ」メイク実施者にその仕上げ方をきくと、「BBクリームの上にルースパウダーやプレストパウダーで、毛穴が目立たなく、自然な素肌にみえるようにしています。あくまでメイクしましたっ!という感じでなく、さらさらしっとりなナチュラル肌」(35歳)、「ナチュラルな肌にみえるように、しっとり感のあるファンデーションを使用し、ツヤが出るルースパウダーをのせて、しっかりお化粧をしているけど見た目は自然に」(39歳)など、下地はBBクリームやファンデーションでしっかり作りつつも、ルースパウダーなどを駆使してナチュラルに仕上げるテクニックが集まりました。

■ やりすぎ&薄すぎに要注意! 約8割が「幸せ遠ざけメイク」女子を見かけた経験アリ

 「幸せの引きよせ」において重要な役割を果たしていることがわかった「メイク」。一方でメイクによって「幸せ」を遠ざけてしまっている人も。続いて、「幸せ遠ざけメイク」をしている女性を見かけたことがあるかきくと、約8割が「ある」(78%)と回答。

具体的には、「ガッツリな囲み目メイクだと近くで見たときのガッツリ感が凄い。あまり良い印象を持たれないと思う」(26歳)、「まゆ毛が薄いと貧相に見えて、幸せも一緒に逃げてしまいそう」(29歳)など、気合の入りすぎたメイクや、逆に貧相に見えるメイクは「幸せ遠ざけメイク」と思われてしまうようです。
最後に、自分で行いたくない「幸せ遠ざけメイク」をきくと、1位は「素肌感がなく厚ぼったいベースメイクの『のっぺり肌』」(73%)、2位は「アイライナーで縁取った『囲み目メイク』」(55%)、3位は「グロス過剰な『ギラギラ唇』」(54%)が続きました。

 Q. やりたくないと思う「幸せ遠ざけメイク」は?  (複数回答・上位5位)

 素肌感がなく厚ぼったいベースメイクの「のっぺり肌」…73%
 アイライナーで縁取った「囲み目メイク」…55%
 グロス過剰な「ギラギラ唇」…54%
 アイブロウで急角度に描いた「つり上がり眉」…54%
 するどく斜めにいれた「鋭角チーク」…47%

ここからも、幸せを引きよせるためには「ナチュラルな肌」に仕上げることが重要であることがわかります。


[調査概要]
・調査対象:20~30代で1年以内に「幸せ引きよせメイク」を行った女性150名/行っていない女性150名
・調査期間:2017年3月14日(火)~3月17日(金)
・調査方法:インターネット調査

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP