2016年 シニア層の国内旅行動向調査(50~70代男女対象) 

2017年03月24日
シニア向け宿泊予約サービスを提供するゆこゆこは、50~70代男女1,278人を対象に、国内旅行動向調査を実施いたしました。ゆこゆこでは、2010年から同内容の調査を実施し、シニア層の国内旅行動向の経年変化を追ってまいりました。2016年の調査では、以下のような結果がみられました。

【調査結果ダイジェスト】

■一泊あたりの宿泊費、上昇傾向が一服。訪日外国人の旅行スタイルの変化が影響していると考えられる
一泊当たりの宿泊費(平均)は、12,258円(対前年254円減)と、ここ数年の上昇傾向が一服。訪日外国人の旅行スタイルが団体旅行から個人旅行にシフトし、選ばれる宿泊施設も多様化したため、宿泊料金の高騰が落ち着いた影響と考えられる

■旅行の目的、「お風呂や温泉」65.2%。「神社・仏閣・城の観光」は36.3%で、4年連続増加
最も多かったのは、「温泉やお風呂」の65.2%(対前年0.9ポイント増)。4年連続で増加しているのは、「神社・仏閣・城の観光」36.3%で、御朱印集めや城のスタンプラリー等の新たな楽しみ方の広がりや、大河ドラマ人気の影響もあいまって、「神社・仏閣・城」の注目が高まっていることが背景にあると考えられる

■宿泊施設を探す際の情報源・予約方法ともにネットへのシフト進む
宿泊施設を探す際の情報源は「宿泊予約サイト」44.9%(対前年2.1ポイント増)、宿泊施設の予約方法は「宿泊施設のホームページで予約する」42.2%(対前年3.2ポイント増)。ともに3年連続の増加と、シニアでもネットシフトが進んでいる。特に、女性50代のネット利用が顕著

■スマートフォン利用率43.7%、タブレットは24.5%。旅行中の利用もされていると考えられる
スマートフォンの利用率は43.7%(対前年6.4ポイント増)で3年連続の増加となり、シニアへのスマートフォン普及が顕著。スマートフォン・タブレット端末で行うこととして、「天気予報を見る」「電車や道路など交通情報を見る」「地図・ナビゲーションを使う」といったシーンでの利用が高く、旅行中も利用されていると考えられる

【調査結果】

1.この一年間(※)の国内旅行について(※2015年12月~2016年11月)

1)国内旅行回数
全体では、2.72回(対前年0.04回減)でした。

2)総宿泊数
全体では、4.30泊(対前年0.10泊減)でした。

2.直近3回での旅行状況

1)同行者
最も多かったのは、「夫婦2人での旅行」の34.8%でした。次いで、「友人・知人と3人以上での旅行」12.4%、「1人旅」9.5%でした。

2)交通手段
最も多かったのは、「自家用車」の41.1%でした。前年からの伸びがみられたのは「飛行機」16.2%(対前年1.1ポイント増)でした。

3)宿泊施設
最も多かったのは、「リゾートホテル」の25.1%(対前年3.8ポイント増)、次いで「旅館」22.4%(対前年2.9ポイント減)でした。「ビジネスホテル」は16.2%で、2年連続の増加となりました。

4)一泊あたりの宿泊費
全体では、12,258円(対前年254円減)で、ここ数年の上昇傾向が一服しました。これは、訪日外国人の旅行スタイルが団体旅行から個人旅行にシフトし、選ばれる宿泊施設も多様化したため、宿泊料金の高騰が落ち着いたことが影響していると考えられます。

3.旅行のきっかけと目的

1)旅行のきっかけ
最も多かったのは、「家族や友達から誘われた」の52.0%(対前年0.2ポイント減)、次いで「今のうちに旅行に行ったり、思い出を作りたい」の47.3%(対前年2.7ポイント増)でした。「特に理由が無くても定期的に行く」は、25.6%(対前年5.0ポイント増)でした。理由のない旅行の増加は、宿泊費の高騰が落ち着いたことにより、気兼ねない旅行がしやすくなったためと考えられます。

2)旅行の目的
最も多かったのは、「温泉やお風呂」の65.2%(対前年0.9ポイント増)でした。「神社・仏閣・城の観光」36.3%は4年連続の増加で、御朱印集めや城のスタンプラリー等の新たな楽しみ方の広がりや、大河ドラマ人気の影響もあいまって、ここ数年注目されていることが背景にあると考えられそうです。
また、「ゆっくりする、上げ膳・据え膳」では、60代・70代で男女差が多い結果となりました。日常生活でリタイア後の夫の世話が増えた妻の、「旅行ではゆっくり過ごしたい」という思いが表れているといえそうです。

4.宿泊施設の手配方法

1)宿泊施設を探す際の情報源
最も多かったのは、「宿泊予約サイト」の44.9%(対前年2.1ポイント増)、次いで「宿泊施設のホームページ」29.7%(対前年1.0ポイント増)、「旅行会社のパンフレット」27.7%(対前年2.9ポイント減)でした。調査開始以降、初めて「宿泊施設のホームページ」が「旅行会社のパンフレット」をわずかながら上回り、シニア層でもネットシフトが進んでいることがうかがえます。また、「宿泊予約サイト」を情報源とする女性50代が66.0%と、他の性年代に比べて高く、ネット利用が顕著でした。

2)宿泊施設の予約方法
最も多かったのは、「宿泊予約サイトで予約する」の42.2%(対前年3.2ポイント増)、次いで「宿泊施設に直接電話連絡して予約する」38.0%(対前年0.1ポイント増)、「宿泊施設のホームページで予約する」34.2%(対前年1.5ポイント増)でした。また、【宿泊施設を探す際の情報源】と同様、宿泊予約サイトで予約する女性50代が60.5%と、他の性年代に比べて高く、ネット利用が顕著でした。

5.通信機器の利用状況

1)利用している通信機器
「スマートフォン」利用率は43.7%(対前年6.4ポイント増)で、2013年から3年連続の増加となり、シニアのスマートフォン利用率の高まりが顕著です。また「iPadなどタブレット端末」は24.5%(対前年5.4ポイント増)で、こちらも3年連続の増加でした。一方、「スマートフォン以外の携帯電話・PHS」は46.3%(対前年5.1%減)で、調査開始以来、初めて過半数を割りました。

2)通信機器の利用シーン
「スマートフォン・タブレット端末」で多かったのは、「インターネットで検索する」65.3%、「写真撮影・写真管理」58.5%、次いで「LINEをする」57.5%でした。その他、「天気予報を見る」「電車や道路など交通情報を見る」「地図・ナビゲーションを使う」といったシーンでも高く、旅行中も利用されているものと考えられます。


<調査概要>
調査期間:2016年12月8日~2016年12月14日
調査対象:沖縄県を除く46都道府県の50~70代男女
対象条件:過去1年以内に宿泊旅行(※)をした人    ※出張・帰省を除く
調査方法:FAX調査(J-FAX:日本能率協会総合研究所)
調査会社:株式会社アンド・ディ
有効回答件数:1,278件

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP