ヘイズ アジア給与ガイド(年収査定の情報アップデート) 

2017年03月16日
ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン(ヘイズ)は、先に発表したアジア5カ国・地域における1200職種の給与水準、「ヘイズ アジア給与ガイド」の結果に基づき、当社ウェブサイト上での年収査定の情報をアップデートいたしました。

日本の2人に1人が「給与に不満」
先に発表したヘイズ アジア給与ガイドでは、従業員への意識調査の結果、「給与」が転職の理由との回答が前年と比べて12%増加しています。加えて現状の給与に「不満」と回答した人は53%となっていることから、日本でも給与への不満が高まっていることが伺えます。

管理職や高度なスキルを必要とする日本の給与水準はアジア各国と比較して低い
また、アジア5カ国・地域における給与水準の調査において日本の管理職や高度なスキルを必要とする職務の給与は、中国、香港、シンガポールに抜かれており、半額以下のケースも あるという結果になりました。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP