転職サイトの利用動向調査 

2016年10月25日
市場調査・コンサルティング会社のシード・プランニングは、転職サイトとヘッドハンターに関する調査を行い、このほど、登録・利用者のサービス利用動向をまとめましたのでお知らせいたします。

転職サイトビジネスは、出版物からネットに移ってしばらく経ちますが、現在数十社が参入し、全国展開する企業や、地域限定のサービス、特定の職種、外資系、技術系など各社さまざまなサービスを展開しています。

今回、「注目サービス調査シリーズ」の一環として、実際の転職希望ユーザーと転職を紹介するヘッドハンター向けに調査をおこない、転職者ないしは転職希望者のサービスの登録・利用状況とサービスに対する評価を取りまとめました。

【調査結果のポイント】

本調査は、本年9月に、年収600万円以上で、転職経験あり、または、6か月以内に転職を考えている人に対してインターネットで行った。有効回答者数は413名。調査対象としたサービスは以下の12サービス。

(アルファベット、50音順)
@type    DODA    Green(グリーン)
Linked In(リンクトイン)    MIDAS(ミーダス)    Wantedly(ウォンテッドリー)
エン転職    ジョブセンスリンク    日経キャリアNET
ビズリーチ    マイナビ転職    リクナビNEXT

登録・利用しているサービス トップ5
「リクナビNEXT」「エン転職」「マイナビ転職」「DODA」「ビズリーチ」


サービスに登録していて、かつ、利用したことがあるサービスのトップ5は、
 ① リクナビNEXT
 ② エン転職
 ③ マイナビ転職
 ④ DODA
 ⑤ ビズリーチ

登録・利用しているサービスの評価
「現在の役職と同等以上の求人が多い」、「現在の個人年収と同等以上の求人が多い」
と評価されたサービス トップ3は、「ビズリーチ」「リクナビNEXT」「エン転職」


サービスの登録・利用者の評価で、 「役職と同等以上の求人が多い」「個人年収と同等以上の求人が多い」との評価を受けたサービス トップ3は、
 ① ビズリーチ
 ② リクナビNEXT
 ③ エン転職

年収800万円以上の人の傾向
→ 登録・利用しているサービス トップ5は、「リクナビNEXT」「ビズリーチ」「エン転職」
  「マイナビ転職」「DODA」
→ サービスの評価
  「現在の役職と同等以上の求人が多い」、「現在の個人年収と同等以上の求人が多い」と評価された
  サービス トップ3は、「ビズリーチ」「リクナビNEXT」「エン転職」


登録・利用しているサービス トップ5
年収800万円以上に絞って登録・利用しているサービスを見ると、以下の順位となる。
「ビズリーチ」が2位に浮上している。

サービスの評価
年収800万円以上の人に「現在の役職と同等以上の求人が多い」、「現在の個人年収と同等以上の求人が多い」と評価されたサービスは、前述の 「 登録・利用しているサービスの評価 」と同様、トップ3は「ビズリーチ」「リクナビNEXT」「エン転職」。


【調査概要】
調査方法:インターネット調査
調査対象:年収600万円以上で、転職経験あり、または、6か月以内に転職を考えている人413名
年収内訳:600~799万円:149名  800万円以上:264名
調査期間:2016年8月~9月

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP