2016年度プリントシール機トレンド調査 

2017年03月21日
フリューは、プリントシール(以下、プリ)の多彩な魅力を世代を越えてより多くの方に届けることを目的として3月21日を「プリの日」に制定し、この度正式に認定されました。これを記念して最新のプリの楽しみ方や流行を調査する「2016年度プリントシール機トレンド(以下、プリトレンド)調査」を、プリ機ユーザーを対象に実施いたしました。
※調査対象はいずれも、フリューが運営する、プリントシール機で撮影した画像を取得・閲覧できるサービス「ピクトリンク」会員です。

今回の調査テーマは、2016年度話題になったプリの「ポーズ」と「らくがき」です。ポーズには、「指ハート」や小顔効果のある「NIKEポーズ」、話題の芸能人の決めポーズを真似たポーズなどがランクイン。らくがきでは、プリ機で撮影した画像を、動画メッセージアプリ「SNOW」の顔認識カメラでさらに加工する遊び方が1位となりました。本調査結果により、ユーザーはプリの特徴である"盛れる(実際よりも理想的に加工できる)"効果を最大限に引き立てるようなポーズを好み、プリとその時々の流行を組み合わせた楽しみ方を好んでいることがわかりました。またプリのポーズやらくがきから、ドラマやアプリ等に関する若年女性世代の流行を読み取ることもできました。
さらに今回、より多くの方にプリの楽しさを知っていただくため、写真撮影をこよなく愛するタレントの林家ペー&パー子夫妻にプリトレンドのポーズやらくがきに挑戦していただきました。
なおフリューでは、この度の「プリの日」制定にあわせてオリジナルの「プリの日ポーズ」を提案。小顔効果などプリの流行が満載の"盛れる"ポーズとなっております。

【調査結果】

ポーズ部門
話題の「韓国アイドル発ポーズ」や、"可愛い"を演出する「小顔ポーズ」等が人気


1位の「指ハート」は人差し指と親指を交差させ小さなハートマークをつくるポーズ。韓国のアイドルやアーティストがコンサートやテレビ番組で披露したものが、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(以下、SNS)などで拡散され話題になったとされています。第2位のNIKEポーズは、親指と人差し指でV字をつくり小顔に見えるようにするポーズです。
大半のポーズが、"盛れてる(理想的に加工できている状態)"をより引き立てるような可愛らしい印象を与えるポーズという結果となりました。韓国の女性アイドルグループや藤田ニコルさん発祥のポーズなど、プリ機ユーザー世代から人気の高い芸能人が考案したポーズもランクインしました。

らくがき部門
2つの遊びを掛け合わせる楽しみ方「プリ×SNOW」がらくがきの1位に


1位の「プリ×SNOW」とは、プリ機で撮影した画像を動画メッセージアプリ「SNOW」の顔認識カメラにてさらに加工することを指します。SNSにアップする画像においては、プリで撮影した"盛れてる"画像よりも加工していることが明確にわかるような画像が活用されているようです。2位の「気に入らないところにペン」は、仕上がり画像にペンやスタンプを描き足し、気に入らない箇所を隠すらくがきです。その他には、卍(まんじ)や好きなアイドルの名前、SNSアプリ風など流行を反映した内容がランクインしました。
ユーザーそれぞれが考える"盛れてる"を表現するらくがきや、その時々の流行を書き込む傾向にあることがわかる結果となりました。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP