「ホワイトデー」と「スキンケア」に関する調査(15歳から29歳の男女対象) 

2017年03月08日
イミュは、全国の15歳から29歳の男女を対象に意識調査を実施いたしました。今回は、「ホワイトデー」と「スキンケア」に関する調査結果を発表します。

【調査サマリー】

★恋の行方を左右するのは肌の潤い!?
 ・直近1年で告白されたことがある人は、全体の4割
 ・「ぷる肌女子」の4人に1人は、2人以上から告白されていた

★ぷるぷる肌は小悪魔女子の証?
 ~義理チョコに本命のお返しをもらっちゃうのは「ぷる肌女子」~
 ・ホワイトデーの予想外エピソード・トップ3を発表
 ・肌が潤っている女子ほど「本命のお返しをもらったことがある」と回答

★油断大敵!ホワイトデーにお返しをもらえる女子は全体の半数以下!
 ・バレンタインにチョコをあげて、ホワイトデーにお返しを必ずもらっている女子は46.7%のみ
 ・肌の潤いに満足している人の2人に1人は必ずお返しをもらえていることが判明

★イマドキ10代女子は、リア充ホワイトデーをシェアしたい!
 ・本命男子からお返しをもらう胸キュンシチュ・トップ3を発表
 ・「ホワイトデーデートの写真をSNSにアップしてもらえるとキュンとする」と回答した10代女子は、20代後半の約4倍

★2017年ホワイトデー直前!ベスト・ぷるぷるスイーツを発表!
 ・“ぷるぷる”のイメージが一番強いスイーツは僅差でゼリーが1位に!

【調査結果】

■ここ1年で2人以上から告白された人は全体の2割以上
直近1年で告白された人数を聞いたところ、女性の4割は1人以上から告白されたことがあると回答しました。そのうち半数は2人以上から告白されていたことが明らかになりました。(図1)

■肌が潤っている女子ほど告白されやすい?
直近1年で告白された人数を聞いたところ、自分の肌の潤いに満足している、と回答している女性の4人に1人は直近1年で2人以上から告白されたと回答しています。(図2)モテへの第一歩として、まずは日々のスキンケアを見直し、肌の潤いを大切にするところからはじめてみてはいかがでしょうか。

■ホワイトデーの予想外エピソード・トップ3
ホワイトデーに本当にあった、がっかり・予想外エピソードを聞いたところ、女子全体の4割がなにかしらのエピソードがあることが分かりました。その中でも特に多かったトップ3は以下になります。 1位「あげたものより安いお返しをもらった」(17.2%)、2位「趣味じゃないお返しをもらった」(16.3%)、3位「義理チョコを渡したのに勘違いされて、本命のお返しをもらってしまった」(10.0%)。

ほかにも、「本命チョコを渡して『嫌い』を意味するマシュマロをお返しにもらった」「あげたことを忘れられていた」「互い交換する予定だったのに、自分だけ渡して、相手からはもらえなかった」など、かなりがっかりするようなエピソードがあった一方、「職場の上司が、バレンタインデーにあげてないのにホワイトデーにお菓子をくれた」など予想外で嬉しいエピソードをあげる女性もいました。

■ぷる肌女子は、小悪魔女子?!
3位の「義理チョコをあげたのに、勘違いされて本命のお返しをもらってしまった」と回答した人の内訳をみると、肌の潤いの自己評価が高い人ほど、本命のお返しをもらっていることがわかりました。(図3)肌の潤いに満足している人(5点、4点)は、満足していない人(2点、1点)の2倍以上、本命のお返しをもらっていることからも、ぷるぷる肌の女性ほど、男性の好感も得やすく、思わせぶりな「小悪魔女子」と言えるのかもしれません。

■油断大敵!ホワイトデーにお返しをもらえる女子は全体の半数以下!
バレンタインにチョコをあげて、ホワイトデーに必ずお返しをもらえる女性は、なんと全体の半数以下しかいないことが分かりました。(図4)チョコをあげたからといって必ずしもホワイトデーにお返しをもらえるわけではない、厳しい現実が明らかになりました。

お返しを必ずもらえる人に注目して見ると、肌の潤いと関係があることが明らかになりました。肌の潤い満足度が高い人と低い人を比較すると、本命・義理問わず、必ずお返しをもらえる人の割合は潤い満足度が高い人のほうが多いことが分かりました。(図5)ホワイトデーにお返しをもらいたい女性は、まずスキンケアから始めるのもよいかもしれません。

■本命男子からお返しをもらう胸キュンシチュ・トップ3
ホワイトデーに本命の男性からお返しをもらうシチュエーションとして、どんな渡され方でキュンとするかを聞いたところ、1位「言葉で気持ちを伝えてくれる」(45.2%)、2位「手紙をつけてくれる」(30.6%)、3位「サプライズ要素がある渡し方をしてくれる」(29.3%)となりました。渡すときには、気持ちをきちんと伝えて欲しいという女性の考えが分かる結果となりました。

■10代のイマドキ女子は20代後半の4倍、SNSへのアップを希望!
キュンとするお返しの渡し方の中で、「自分と一緒にホワイトデーを過ごしてくれることをSNSにアップしてくれる」を回答した人に注目すると、年代による支持率の差が大きくあらわれました。若い年代ほどSNSにアップしてほしいと回答しており、その差は、20代後半の女性の約4倍にもなりました。(図7)

さらに年代別に肌の潤いに対する自己評価をみてみると、肌の潤いに満足している人の割合が最も高いのが10代後半、最も低いのが20代後半という結果になりました。10代後半は自分の肌に自信を持っている結果、 SNS上でも写真や動画でホワイトデーの様子をアピールしたいのかもしれません。(図8)

■2017年ホワイトデー直前!“ぷるぷる”のイメージが一番強いのはあのスイーツ!
ホワイトデーのお返しとして代表的なスイーツ。潤った肌が「ぷるぷる」とした質感でもあることから、「ぷるぷる」な肌を想起させるスイーツとして、一番“ぷるぷる”のイメージが強いのは次のスイーツでどれかを聞いてみました。その結果、1位「ゼリー」(37.9%)、2位「プリン」(37.3%)、3位「ババロア」(9.9%)、4位「くずもち」(8.1%)、5位「パンナコッタ」(6.8%)となり、僅差でゼリーが1位となりました。(図9)


<調査概要>
調査対象:全国の 15 歳から 29 歳の男女 1,080 名
調査期間:2017 年 2 月 10 日(金)~2 月 12 日(日)
調査方法:インターネット調査
「告白される側が多い人」「どちらかといえば告白される側が多い人」をモテる人と定義。(n=270)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP