就職に関する意識調査(世界各国の18歳から30歳の若者対象) 

2017年03月16日
アデコグループは、同社が拠点を置く世界各国の18歳から30歳の若者9,572人を対象に、「就職に関する意識調査」を実施しました。

〈調査結果のまとめ〉

①「将来の職業に必要なスキルを身につけている」と考えている日本の若者は31.5%で、世界平均73.08%の半分以下、本調査の主要13カ国中でももっとも低い結果となった。

②「将来の職業のために、準備する必要があるスキル」では、本調査の主要13カ国中、日本の若者だけが「コミュニケーション能力」をトップに挙げた(53.27%)。他の主要国の若者は、「実務経験」と「外国語」を重視。

③「就職の役に立つと思うもの」では、本調査の主要13カ国中、日本をはじめドイツ以外のすべての国の若者が「実務経験を重ねる」ことをトップに挙げた。

④「今後10年間における最大の望み」では、「経済的安定」がトップ、次いで「夢の仕事に就く/充実した仕事をする」という結果となった。


【調査結果の詳細】

①「将来の職業に必要なスキルを身につけている」と考えているかどうか
調査対象国の若者9,572人に対し、「あなたは、将来の職業に必要なスキルを身につけていると思いますか」と質問したところ、73.08%が「はい」と回答し、世界では自身が身につけているスキルに自信を持っている若者が多いことがわかりました。

世界の若者と比べ、対照的な考え方をしていたのが日本の若者でした。日本の若者で「将来の職業に必要なスキルを身につけている」と考えていたのはわずか3割(31.54%)で、全体の平均73.08%の半分以下、本調査の主要13カ国中でもっとも低い結果となりました。日本の若者の、自身のスキルに対する自己評価の低さが浮き彫りとなりました。

②「将来の職業のために、準備する必要があるスキル」についての考え
調査対象国の若者9,572人に対し、「あなたは、将来の職業のために、準備する必要があるスキルは何だと考えますか」と質問したところ、本調査の主要13カ国中、日本の若者だけが「コミュニケーションのスキル」をトップに挙げました(53.27%)。その他の国の若者が重視したのは、「実務経験」と「外国語」でした。日本では、学生を採用する際の選考基準としてコミュニケーション能力を求める企業が多く、それが若者の考えに影響している可能性があります。

③「就職の役に立つと思うもの」についての考え
調査対象国の若者9,572人に対し、「就職の役に立つと思うものはなんですか」と質問したところ、本調査の主要13カ国中、日本をはじめドイツ以外のすべての国の若者が「実務経験を重ねる」ことをトップに挙げました。近年、日本でもインターンシップによる業務体験が広がっていますが、他国においても実務経験を積むことが大切だと考えられていました。

④「今後10年間における最大の望み」についての考え
調査対象国の若者9,572人に対し、「今後10年間におけるあなたの最大の望みは何ですか」と質問し、0点から10点のスケールで各項目への投票を依頼したところ、「経済的安定」が平均7.33点でトップとなり、世界の若者が安定を求める傾向が明らかになりました。2位は「夢の仕事に就く/充実した仕事をする」(7.16点)、3位は「社会的責任の大きな会社で働く」(6.23点)でした。


【調査概要】
・調査対象:アデコグループが拠点を置く世界各国の18歳~30歳の若者9,572人
・国別調査人数:メキシコ(1,278人)、スペイン(1,027人)、オランダ(536人)、イタリア(522人)、ノルウェー(520人)、日本(513人)、ドイツ(505人)、英国(494人)、米国(493人)、スイス(464人)、オーストラリア(463人)、ベルギー(434人)、フランス(415人)、その他(1,908人)
・調査方法:インターネット調査
・実施時期:2016年3月~7月

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP