動画アプリの利用状況調査(2016年12月の日本における無料/有料動画アプリの利用状況) 

2017年01月31日
ニールセン デジタルは、スマートフォン視聴率情報Nielsen Mobile NetView(ニールセン モバイルネットビュー)のデータをもとに、2016年12月の日本における無料/有料動画アプリの利用状況を発表しました。

・有料動画アプリ利用者数は前年同月から50%増え481万人に

・無料動画アプリ、有料動画アプリともに若年層ほどリーチが高い

・無料動画アプリの利用回数は月平均21回で、有料動画アプリの1.5倍


2016年12月の各動画利用者数(上位5アプリを集計)をみると、無料動画は前年同月から23%増え3,338万人(リーチ56%)、有料動画は50%増え481万人(リーチ8%)でした。どちらの増加率も、スマートフォン全体の増加率(+14%)よりも高くなっていました。

年代別にみると、無料/有料動画共に若くなるにつれてリーチ%*1が高くなる傾向が見られました。無料動画は50歳以上でも約半数が利用している一方、有料動画は18-34歳でリーチが10%でした。

次に、1人あたりの月間利用回数をみると、無料動画は月平均21回で、有料動画の14回の1.5倍多く利用されていました。一方、1回あたりの利用時間では、有料動画は平均して1回あたり25分視聴されており、無料動画の15分よりも10分長くなっていました。


*1 リーチ%=リーチとは、特定のWebサイトもしくはアプリがある期間内にどれだけの人に利用されたかを示す値。
対象となる全インターネットユーザに対する比率で示される媒体の到達度のことをいう。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP