国内パブリッククラウドサービス市場予測 

2017年03月13日
IT専門調査会社 IDC Japanは、国内パブリッククラウドサービス市場予測を発表しました。

2016年の国内パブリッククラウドサービス市場規模は、前年比30.5%増の3,762億円とIDCは推定しています。

・2016年の国内パブリッククラウドサービス市場は、前年比30.5%増の3,762億円

・2021年の市場規模は、1兆円を超えると予測

・国内パブリッククラウドサービス市場は「新たな成長期」の到来が鮮明となる


現在、国内市場ではシステム更新期を契機として、従来型のITからクラウドへの移行が進んでいます。すでに、コラボレーティブアプリケーションはSaaSファーストが浸透しており、ERM(Enterprise Resource Management)アプリケーションもクラウドファーストあるいはクラウドオルソーの戦略が顕著となっています。もちろん、Web系システムではIaaS/PaaSが重要な選択肢となっており、国内パブリッククラウドサービス市場は成長を継続しています。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP