2016年 国内トラディショナルPC市場実績値 

2017年02月23日
IT専門調査会社 IDC Japanは、国内における2016年第4四半期(10月~12月)と2016年通年(1月~12月)のトラディショナルPC市場出荷実績値について発表しました。

・2016年 国内PC出荷台数は、前年比0.1%増、1,056万台
・ビジネス市場は前年比5.6%増、637万台。家庭市場は前年比7.3%減、418万台
・2016年第4四半期のPC出荷台数は、前年同期比5.7%増、259万台

2016年通年の国内トラディショナルPC出荷台数は、合計で前年比0.1%増の1,056万台となりました。内訳を見ると、ビジネス市場が同比5.6%増で637万台、家庭市場は同比7.3%減の418万台となりました(端数処理[四捨五入]の影響により合計値の末尾は一致しません)。IDCでは、トラディショナルPCとして、デスクトップPC、ポータブルPC、ワークステーションを集計しています。

2016年通年のベンダー動向を見ると、NEC レノボ グループと富士通の順位は不動でそれぞれ1位、2位を維持しましたが、東芝が3位から5位に順位を落としました。デルとHP Inc.が3位タイで東芝を抜く結果となりました。


詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP