新生活と食生活に関する調査(20歳~59歳の男女対象) 

2017年03月06日
総合マーケティング支援を行なうネオマーケティングは、2017年2月2日(木)~2017年2月6日(月)の5日間、全国の4月から新生活を迎える20歳~59歳の男女400人を対象に「新生活」をテーマにしたインターネットリサーチを実施いたしました。

<調査背景>
4月から新生活を迎えることにより、今までの食生活が大きく変化する方も多いのではないでしょうか。そこで今回、「食生活が乱れてしまうとき」や「1日の野菜摂取量」など「新生活と食生活」に関する調査を行ないました。報道の一資料として、ぜひご活用ください。

【調査結果】

◆生活環境に変化がある際、食生活の乱れが気になると計65.0%が回答!
 特に20代は計79.0%が食生活の乱れが気になることがわかった。若い年代ほど環境の変化がある際に食生活の乱れが気になるようだ。
◆食生活が乱れてしまうのは「忙しいとき」が72.3%で最多。次いで「時間がないとき」61.4%。
 「忙しいとき」も食事をとる“時間がない”という方も多いのでは。
◆食生活の中で不規則になりがちだと思うものは「朝食」が49.0%で最多!
 特に20代は66.0%が回答した。また、最も少ない結果となったのは「昼食」で、30.3%が回答。
◆1日の野菜摂取量、95.3%が1日の野菜摂取目標である350gに満たない結果に。
 野菜を摂取している“つもり”になっている方も多いことが調査から判明した。
◆調査から明らかになった野菜不足。「朝ベジ」で新生活での食生活の乱れを解消したいと93.0%が回答。
 合計93.0%が試してみたいと回答。20代から50代の全ての年代で試してみたい計が9割を超える。

【調査結果】

Q1.あなたは、生活環境に変化がある際に、食生活の乱れが気になりますか。(単数回答)【n=400】

新生活を迎えると食生活も大きく変化します。そこで、生活環境に変化がある際に、食生活の乱れが気になるかとお聞きしたところ、全体で「気になる」、「やや気になる」と回答した方が計65.0%となりました。また、年代別で比較をすると20代は計79.0%が食生活の乱れが気になると回答しています。30代は計71.0%、40代は計57.0%、50代は計53.0%と若い年代ほど環境の変化がある際に食生活の乱れが気になるようです。

Q2.あなたは今までに食生活が不規則になったり、乱れてしまったりした経験はありますか。(単数回答)【n=400】

食生活が不規則になったり、乱れてしまったりした経験があるかをお聞きしたところ、全体の80.3%が「ある」と回答しました。特に30代が多く86.0%が回答しています。今までに食生活が不規則になったり、乱れてしまったりした経験があるからこそ、新生活でも食生活の乱れが気になるという方も多いのかもしれません。

Q3.食生活が乱れてしまうのはどのようなときですか。(複数回答)【n=321】

前問で食生活が乱れた経験が「ある」と回答した方に対し、食生活が乱れる原因をお聞きしたところ、最も多い回答は「忙しいとき」となり、72.3%が回答しました。次いで「時間がないとき」61.4%となっています。年代で比較をすると、20代は「時間がないとき」が72.2%で最も多い結果になりました。「忙しいとき」も食事をとる“時間がない”という方も多いのではないでしょうか。食生活の乱れは“時間がない”ということが大きな要因なのかもしれません。

Q4.普段の食生活の中で不規則になりがちだと思うものをお答えください。(複数回答)【n=400】

普段の食生活の中で不規則になりがちだと思うものをお聞きしたところ、「朝食」が全体で49.0%となり、最も多くの方が不規則になりがちだと思っているようです。特に20代は66.0%が回答していいます。また、最も少ない結果となったのは「昼食」となり、30.3%が回答しました。

Q5.普段、あなたが毎日必ず摂取しているものをお答えください。(複数回答)【n=400】

毎日必ず摂取しているものをお聞きしたところ、全体では「夕食」が最も多く78.3%、次いで「昼食」71.0%、「朝食」57.0%となりました。前問でも普段の食生活の中で不規則になりがちだと回答した方が多い「朝食」ですが、毎日摂取している方は57.0%と「夕食」「昼食」より約20ポイントマイナスとなりました。年代で比較をすると、20代は50.0%となり、20代の2人に1人は毎朝、朝食を食べていないことがわかります。

Q6.あなたは普段、朝食を摂取する習慣がありますか。(単数回答)【n=172】

前問で毎日必ず摂取しているものに「朝食」を選ばなかった方に、朝食を摂取する頻度をお聞きしました。結果は、「週4~5日摂取している」35.5%が最も多い回答となっています。しかし、「ほとんど摂取する習慣がない」と回答した方も22.1%いることがわかりました。

Q7.あなたは普段、食事をする際、どの程度野菜を摂取していると思いますか。(単数回答)【n=400】

普段、どの程度野菜を摂取しているかをお聞きしたところ、朝食は「ほとんど摂取していないと思う」24.0%、昼食は「ある程度摂取していると思う」29.3%、夕食は「摂取していると思う」34.8%が最も多い回答となっています。

Q8.あなたは普段1日どの程度、野菜を摂取していますか。(単数回答)【n=400】

約70グラムの野菜料理の画像を、グラム数を伏せた状態で見ていただき、1日どの程度(画像の何皿分)の野菜を摂取しているかをお聞きしました。その結果をまとめると、95.3%が1日の野菜摂取目標である350gに満たない結果となりました。年代で比較をしても、どの年代も9割以上が350gに満たない結果となっています。前問では、野菜を「ほとんど摂取していないと思う」、「摂取していないと思う」と回答した方は全項目で半数以下となっていますが、実際は野菜を摂取している“つもり”になっている方も多いようです。

Q9.あなたは、「朝ベジ」という言葉を知っていますか。(単数回答)【n=400】

調査からは野菜不足や朝食不足が明らかになりましたが、現在、野菜をメインとした朝食メニュー「朝ベジ」が多くの食のトレンドを発信するニューヨークをはじめ海外で人気となっているようです。日本でもパンケーキやスムージーなど多くの朝食メニューが人気となりました。そこで「朝ベジ」を知っているかをお聞きしたところ、合計57.8%が知っていると回答しました。朝ベジは日本でも認知が高いようです。20代を見てみると22.0%が「どのようなものか知っている」、41.3%が「なんとなく聞いたことがある」と回答し、合計66.0%が朝ベジを知っていることがわかりました。

Q10.あなたは、新生活での食生活の乱れを解消するために「朝ベジ」を試してみたいと思いますか。(単数回答)【n=400】

新生活での食生活の乱れを解消するため、「朝ベジ」を試してみたいと思うかとお聞きしたところ、合計93.0%が試してみたいと回答しました、年代で比較をすると全ての年代で9割以上が試してみたいと回答しています。新生活を迎え、食生活を乱さぬよう、まずは朝ベジからはじめてみるのもよいのではないでしょうか。


【調査概要】
調査の方法:株式会社ネオマーケティングの運営するアンケートサイト「アイリサーチ」のシステムを利用したWEBアンケート方式で実施
調査の対象:アイリサーチ登録モニターのうち、全国の4月から新生活を迎える20歳~59歳の男女を対象に実施
有効回答数:400名(20代~50代の男女:各50名)
調査実施日:2017年2月2日(木)~2017年2月6日(月)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP