こどもマーケティング白書2017(5~14歳の子供世代におけるエンターテイメントの消費傾向) 

2017年03月06日
カドカワは、5~14歳の子供世代におけるエンターテイメントの消費傾向をまとめた『こどもマーケティング白書2017』を3月6日に発売します。本書は、弊社が運営するユーザーリサーチシステム『eb-i』※を用いて調査を実施。未就学児から中学生までの世代に特化し、エンターテイメントに関連する様々なプロファイルデータを収録したものです。
小学校・中学校入学という節目を機に、子供世代の生活スタイルや交友関係は大きく変わります。本書では、その成長著しい時期の子供の嗜好変化を的確にとらえるため、エンターテイメントの消費傾向を年齢層別・性別といったカテゴリーで分析。今後の子供向けエンターテイメントビジネスの動向を読み解くための一冊となっています。

【調査結果概要】

◆情報収集は、成長と共にSNSへシフト。小学校高学年の半数がニンテンドー3DSを所有。

子供世代において、情報収集で最も重要視するメディアを調査したところ、5~12歳(未就学児~小学生相当)まではテレビがトップとなりました。その後、成長と共に変化が見られ、13歳になると、口コミ・SNSや検索エンジンの比率がテレビを上回るようになります。このことから、中学生以降、インターネットが情報収集の主軸になっていると考えられます。
また、子供世代における保有デバイスの調査では、10~12歳(小学校高学年相当)の半数以上がニンテンドー3DSを保有していることがわかりました。スマートフォンの保有率は、11歳を過ぎた頃から急激に上昇しており、以降、ニンテンドー3DSからスマートフォンへ、保有するデバイスが変化していくことが推察されます。

◆5~6歳児の7割以上が、TVアニメ・特撮番組を週に1回以上視聴。

5~6歳児(未就学児相当)におけるエンターテイメント嗜好のリサーチでは、TVアニメ・特撮番組を、“ほぼ毎日視聴する”、もしくは、“週に1回以上視聴する”と答えた回答者は約7割にのぼりました。バラエティなどのその他TV番組、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームと比較しても、TVアニメ・特撮番組が5~6歳児のエンターテイメントとして、圧倒的な支持を集めていることがわかります。

◆親が子供のエンターテイメントに期待するのは、“知育”や“学習の一助となるもの”。

5~14歳の子供を持つ親に対し、子供が接触するエンターテイメントに期待するものについて調査をしたところ、“知識が豊富になるもの”という回答が半数以上を占め、次に“学習の助けになるもの”、“実生活に役立つもの”という結果になりました。娯楽においても、子供に対して親が“学び”を求めているということがよく表れています。

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
リンク先リサーチPDF
 マイページ TOP