2016年国内パソコン出荷概要 

2017年03月01日
MM総研は3月1日、2016年暦年(1月~12月)の国内パソコン出荷実績を調査、結果を発表した。それによると、国内パソコン市場の総出荷台数は前年比0.8%減の1,008.5万台、出荷金額は前年比0.3%減の8,714億円となった。

出荷台数  1,008万5,000台 前年比 0.8%減

出荷金額  8,714億円          前年比 0.3%減


 個人・法人別に市場動向を見ると、個人市場向けの出荷ルートである「個人系ルート」は、前年比9.3%減の401.5万台となった。企業・官公庁向けのメーカー直販と販売店販売を合計した「法人系ルート」は前年比5.8%増の607万台。2015年に発生した大幅減に歯止めがかかった。

 メーカーシェアはNECレノボがシェア25.7%で首位となった。2位の富士通は、シェアが0.9ポイント増加している。日本HPが1.5ポイントシェアを増加させ、順位も前年4位から一つ上げた。

 2016年の期初時点では、今年の市場規模は1,000万台を割り込むものとみていたが、法人市場では、2015年に起こったWindows XP入れ替え特需後の反動減も収まり、回復基調となったことで、減少に歯止めがかかった。


詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP