映画興行市場に関する調査 

2017年03月01日
GEM Partners(ジェムパートナーズ)は、2009年から2016年までの消費者の映画鑑賞における調査データと2016年の映画興行市場の実績データに基づき、2017~2021年の5年間の映画市場のマクロトレンドについて予測した「映画興行市場5年間予測(2017-2021年)レポート」を発行しました。

【調査結果】

【1】映画興行市場の市場規模推計
2021年までの今後5年間について、人口統計、映画鑑賞参加率・平均鑑賞本数・平均入場料金について公的調査、当社消費者調査に基づき推計しました。結果、映画市場規模は2000年以降最高となった2016年を基準とすると、今後5年間で年平均0.9%の減少を見込んでいます。ただし、2017年以降の今後5年間だけを見ると、2,200億円を超える高い水準で横ばい傾向が続き、2021年で2,234億円と見込まれます。


【2】ODS(非映画デジタルコンテンツ)※市場の市場規模推計
録画、中継を含むODS市場全体を、過去の公開本数、1本当たりの興行収入のトレンドをもとに、今後5年間の市場の伸びを推計しました。トレンドを維持する場合、年率25%の成長となり、2021年は2016年の約3倍となる493億円市場まで成長すると見込まれます。この場合、うち映画興行市場にも含まれる録画は316億円と推計され、映画興行市場の約14%を占める規模となります。
※期間限定の特別上映、コンサート、演劇、オペラ、スポーツなど映画以外のコンテンツの映画館における上映


【調査概要】
・調査方法:GEM Partners実施のインターネットアンケート(2009年~2016年)(*)、政府統計、一般社団法人デジタルコンテンツ協会統計、日本映画製作者連盟統計よりGEM Partners分析
・調査対象:全国に住む15~69歳の男女
・調査実施日:2009年~2016年の各年の12月の各週末
・回答者数:各調査回とも約10,000サンプル
・数値の重みづけ:総務省発表の人口統計を参考に各調査者を性年代別に重みづけ
*約10,000サンプル、うち、年間1本以上映画を観る「映画参加者」3,000サンプル程度

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP