英語学習に関する調査(10代~40代対象) 

2017年02月27日
DMM.comは、10代~40代を対象に「英語学習に関するアンケート」を実施しました。

【調査結果】

■ 英語学習者の40%が「洋画・海外ドラマ」を利用!
10~40代の英語学習者340名に対し、「どんな英語学習法を実践していますか/したことがありますか?」と質問したところ、下記のような結果となりました。

最も多かったのは「教材・参考書」(69%)で、約7割の人が「教材・参考書」を用いて英語を学習したことがあると回答しました。続いて「洋画・海外ドラマ」(40%)、「スマートフォンアプリ」(28%)が上位を占め、4割の英語学習者が、「洋画・海外ドラマ」を学習に利用している/したことがあると回答する結果となりました。
従来の「教材・参考書」を用いた英語学習はまだまだ主流であると言えますが、「洋画・海外ドラマ」「スマートフォンアプリ」などを使った、カジュアルな英語学習スタイルも増えてきているということがこの結果から見て取れます。

■ 「洋画・海外ドラマ」で学習する目的の1位は、「リスニング力の強化」。
次いで、「洋画・海外ドラマ」を英語学習に使うと回答した方に、その学習目的について調査を行ったところ、下記のような結果となりました。

「リスニング力を高めるため」と答えた方が最も多く(91%)、続いて「英語表現・フレーズを覚えるため」が48%、発音(アクセント・イントネーション)を学ぶため」が43%と上位を占めました。実際のネイティブの会話スピードに慣れるためには、「洋画・海外ドラマ」を用いた勉強法が効果的と考える方が非常に多いようです。

また、「洋画・海外ドラマ」を英語学習に利用することで、教材には載っていないフレーズや表現を学べたり、発音(アクセント・イントネーション)を学ぶことができると考えている人も多いようです。その他、「スピーキング力を高めるため」「ライティング力を高めるため」「海外の文化を知るため」という回答をした人も多く(約5人に1人)、「洋画・海外ドラマ」は英語力を全体的に高められる要素が揃っていると考えている人が多いことが結果から見て取れます。

■ 英語学習者が実際に見ている「洋画・海外ドラマ」は?
「洋画・海外ドラマ」で英語を学習している方に、学習の役に立ったタイトルについて伺ったところ、下記のような回答がありました。

・「24」
・「フレンズ」
・「プラダを着た悪魔」
・「ヘアスプレー」

他にも、「ハリウッド映画全般」と回答された方も多数いました。
本日アカデミー賞の発表もありましたが、英語学習の一環として「洋画・海外ドラマ」を取り入れることも、英語学習を継続するコツになるといえそうです。


【調査概要】
調査日:2017年2月13日(月)~14日(火)
調査方法:インターネット調査
調査対象:340人(10代~40代)

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP