照明市場に関する調査(2017年) 

2017年02月28日
矢野経済研究所は、国内照明市場の調査を実施した。

<照明市場とは>
本調査における照明市場とは、従来光源(白熱灯、蛍光灯、高圧放電灯など)やLEDを光源とする照明器具・ランプで、建築物に付随する照明や道路照明など一般の照明用途として使用されるものを対象とし、「従来光源照明器具」・「従来光源ランプ」・「LED照明器具」・「LEDランプ」の4 分野をさす。但し、自動車用途や産業用途、機械器具類等の照明器具・ランプを除く。

【調査結果サマリー】

◆2016年の一般照明用途の照明市場規模は、前年比2.9%減の1兆277億円の見込
 2016年の一般照明用途の照明市場規模(メーカー出荷金額ベース)は、前年比2.9%減の1兆276億9,400万円を見込む。照明市場では、2011年の東日本大震災を契機とした省エネ意識の高まりを背景に、エネルギー効率に優れたLED照明の需要が急激に拡大し、2011年および2012年は二桁の成長を遂げた。その後、2014年および2015年は微増と伸び率は鈍化しており、2016年の同市場はランプ需要の大幅な減少により前年比2.9%減の見込みである。

◆2017年の一般照明用途の照明市場規模は前年比2.7%減の1兆円、2018年は同0.4%増の1兆40億円と予測
 2017年の一般照明用途の照明市場規模(メーカー出荷金額ベース)は前年比2.7%減の1兆円、2018年は同0.4%増の1兆40億円と予測する。LEDランプの長寿命化及びLEDランプからLED照明器具への交換が進んでいる影響により2017年の照明市場は前年比減に、LED照明器具の需要増により2018年の同市場を微増と予測する。


【調査概要】
調査期間:2016年10月~2017年1月
調査対象:照明関連メーカー等
調査方法:当社専門研究員による直接面談、及び文献調査併用

詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP