国内菓子メーカーの経営実態調査 

2017年02月13日
帝国データバンクは、2017年1月末時点の企業概要データベース「COSMOS2」(146万社収録)の中から、2015年度(2015年4月~2016年3月期)決算の年売上高が判明した国内菓子メーカー522社(年売上高10億円以上、一部推計値を含む)を抽出し、売上高総額の推移、損益状況、地域・業歴別について分析した。同様の調査は2015年2月に続き5回目。

■国内菓子メーカー522社のうち、2014年度~2015年度の年売上高が判明し比較対象としたのは515社。2014年度および2015年度決算の当期純損益が判明し比較対象としたのは428社。

【調査結果】

1 年売上高総額をみると、2015年度は4兆876億1400万円となり、2014年度(3兆9005億1100万円)比で1871億300万円の増加(4.8%増)となった

2 2015年度は「黒字」企業が85.3%(365社)となり、全体の8割超を占めた。一方「赤字」企業は14.7%(63社)で、原材料価格の上昇、コンビニスイーツとの競合激化などが影響した

3 2015年度決算で増収企業の割合を地域別でみると、トップは「北陸」(23社、構成比71.9%)となり、北陸新幹線開業や外国人観光客増加の恩恵を受けた

4 業歴別でみると、「50~100年未満」が245社(構成比46.9%)で最多となった


詳しいリサーチ内容はネタ元へ
 マイページ TOP